男子日本代表 (世界ランク=WR16位) は、アジアチャンピオンズトロフィー 第2戦で、中国 (WR18位) に 1-2 で敗れ、2敗となりました。

第3戦は10月23日 21:30 (日本時間) よりマレーシア (WR14位) と対戦します。

試合№.6 クアンタン 21:30 開始
日本 vs 中国
1 - 2

試合記録・戦評

第1Q、日本のセンターパスにより試合が開始される。日本は、立ち上がりから積極的なプレーを見せ、攻撃を仕掛けるが、中国ゴールを割ることができない。

第2Q、16分、日本はPCのチャンスを得るが、中国DFのファインセーブに阻まれる。日本のペースで試合が進むが、中国も粘り強いディフェンスを見せる。試合が動いたのは19分。中国は、素早いターンオーバーから日本サークルにボールを打ち込む。これに#10YU Xinがダイビングタッチシュートで合わせ、日本DFの一瞬の隙をついた中国が先制する。

第3Q、追いつきたい日本は、果敢に中国陣内に侵入しチャンスを得るが、中国GKのファインセーブなどに阻まれてしまう。37分、チャンスをものにしたのは又しても中国。PCを獲得すると技ありのプレーから得点し追加点。得点の欲しい日本は反撃を見せる。43分、PCを獲得すると#22膳棚がフリックシュートを決め点差を縮める。

第4Q、中国にイエローカードが出されたと同時に日本は同点に追いつくべくパワープレーの選択をする。しかし、最後まで中国ゴールを割れず、試合終了。
日本は、敗戦となった。

  • シュート数:日本-10、中国-3
  • PC 数:日本-8、中国-2

(文責:男子日本代表コーチ 穴井善博)

得点

  • 43分 PC - #22 DF 膳棚大剛 (天理大学)

関連情報

関連記事

ホッケー日本リーグ

サイト更新情報

ホッケー関連団体

さくらジャパン ニュージーランド遠征

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー


オフィシャルサプライヤー


ページ上部へ戻る