男子日本代表 (世界ランク=WR16位) は、ワールドリーグ セミファイナル 9-10位決定戦で、南アフリカ (WR15位) に 2-4 で敗れ、今大会10位で終えました。

試合№.25  17:00 開始
日本 vs 南アフリカ共和国
2 - 4

試合記録・戦評

ワールドリーグセミファイナル第5戦はワールドランキング15位の南アフリカとの対戦であった。

第1Q、日本のセンターパスにより試合が開始された。13分、南アフリカはPCのファーストセットからSMITH Austinが日本ファーストランナーの亀山の左脇を抜くドラッグフリックシュートをゴール左中段に決める。15分、日本はPCのストップミスから混戦状態になったが、ゴール前で待つ山﨑に渡り、タッチシュートを決める。
第2Q、29分、南アフリカはPCのセカンドセットから再びSMITH Austinが日本DFの左脇を抜くドラッグフリックシュートをゴール左中段に決める。
第3Q、日本はPCからリバウンドボールを拾い、フリーとなった膳棚が渾身のリバースヒットシュートを放つもGKにファインセーブされる。
第4Q、49分、日本はハイプレスで村田がボールを奪い、サークルトップでフリーとなった三谷にパスが渡り、ヒットシュートを決め、同点とする。
51分、南アフリカはカウンターアタックからのタッチシュートをGK新本がセーブするもリバウンドを拾い、再び打ったシュートが亀山の体に当たりPSを得る。このPSをROBINSON Jonathanがゴール右下に決める。56分、南アフリカはPCのリバウンドボールを拾い、CASSIEM Dayaanがフックシュートを決める。果敢に攻める日本であったが南アフリカの体を張った守備に阻まれ、試合が終了した。
日本はこの結果により10位となり、大会を終えた。

(文責:男子日本代表チームマネージャー 山堀貴彦)

得点

  • 15分 PG - #1 FW 山﨑晃嗣 (山梨学院大学)
  • 49分 FG - #4 MF 三谷元騎 (福井クラブ)

最終結果

  チーム 世界ランク Gr
優勝 ベルギー王国 5位 B
準優勝 ドイツ連邦共和国 3位 B
3位 オーストラリア連邦 2位 A
4位 スペイン王国 10位 A
5位 アイルランド共和国 9位 B
6位 ニュージーランド 8位 A
7位 フランス共和国 17位 A
8位 エジプト・アラブ共和国 19位 B
9位 南アフリカ共和国 (ホスト国) 15位 B
10位 日本 16位 A

Photo by Rodrigo Jaramillo

関連情報

関連記事

ホッケー日本リーグ

サイト更新情報

ホッケー関連団体

U18 女子日本代表 YOG アジア予選

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



オフィシャルサプライヤー


ページ上部へ戻る