男子日本代表 (世界ランク=WR16位) は、ニュージーランド4ヶ国大会 (2018/ハミルトン) 3位決定戦で、ニュージーランド (WR9位) に 1-1(4so1) で勝利し、今大会 3位で終えました。

試合№.7 ハミルトン 10:00 開始
日本 vs ニュージーランド
1 - 1
4 SO 1

試合記録・戦評

ニュージーランド4ヶ国大会ハミルトンシリーズの第4戦3位決定戦は、ワールドランキング9位のニュージーランドとの対戦であった。
第1Q、ニュージーランドのセンターパスにより、試合が開始された。立ち上がりから積極的にプレッシングを仕掛ける。5分、日本はPCからセカンドポストの山田がドラッグフリックシュートをゴール右下に決めて先制する。
第2Q、ニュージーランドは猛攻を仕掛けるが、山下を中心とした日本の意思統一された守備を打開することができない。日本のビルディングはパス&レシーブをハイテンポで繰り返し、ニュージーランドのプレスに的を絞らせず、一進一退の攻防が繰り広げられる。
第3Q、37分、ニュージーランドはPCからRUSSELL Kaneが放ったドラッグフリックシュートが、ファーストランナーに当たり、ゴール左上に決まる。
第4Q、運動量が落ちない日本はカウンターアタックを中心に決定的なチャンスを演出するも得点することができない。ニュージーランドは地元の声援が後押しし、パワフルかつハイスピードなホッケーを展開するも得点をあげることができず1−1で試合が終了した。 SO戦は日本アタッカー陣はスキルフルなプレーで全て得点をあげ、GK吉川は積極的かつ冷静なファインセーブで日本ゴールを死守し、4−1で勝利した。
この結果により、日本はニュージーランド4ヶ国大会ハミルトンシリーズを3位で終えた。

(文責:男子日本代表チームマネージャー 山堀貴彦)

得点

  • 5分 PC - #2 DF 山田翔太 (岐阜朝日クラブ)

最終結果

  チーム 世界ランク
優勝 ベルギー王国 3位
準優勝 インド共和国 6位
3位 日本 16位
4位 ニュージーランド (ホスト国) 9位

FIH 世界ランキング 1月11日現在

関連情報

関連記事

ホッケー日本リーグ

サイト更新情報

ホッケー関連団体

さくらジャパン ニュージーランド遠征

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー


オフィシャルサプライヤー


ページ上部へ戻る