男子日本代表 (世界ランク=WR16位) は、オマーン3カ国大会 (2018/マスカット) 第4戦で、オマーン (WR32位) (ホスト国) に 4-0 で勝利し、2勝1分1敗となった日本はリーグ戦を2位で通過しました。

日本は決勝戦に進み、2月21日 00:30 (日本時間) より パキスタン (WR13位) と対戦します。

試合№.6 マスカット 23:30 開始
日本 vs オマーン国
4 - 0

試合記録・戦評

オマーン3ヶ国大会の第4戦は世界ランキング32位のオマーンとの対戦であった。
第1Q、試合開始から激しい攻防が繰り広げられる中、8分、日本はラインボールから右のオープンスペースでボールを受けた田中健がそのままドリブルでサークルインし、ベースライン沿いから浮かしたボールをオマーンDFが触り、ゴールインとなる。
第2Q、日本はレシーブ&パスでボールを目まぐるしく動かし、オマーンDFを翻弄するが、得点チャンスをつかむことができない。一方、オマーンはロングパスとカウンターアタックでチャンスメイクを試みるが、日本DFの厚い壁に阻まれる。
第3Q、38分、日本は右サイドの攻撃からベースラインでボールを受けた和久利がターニングプレーでのリバースヒットパスからセカンドポストの田中健がタッチシュートを決める。43分、日本は右サイドから数的有利な状況を作り、田中健のアシストから村田が豪快なヒットシュートを決める。
第4Q、60分、日本は右サイドからワンツーパスで抜け出した北里がサークルインし、セカンドポストの和久里にパスが通り、タッチシュートを決めて試合が終了した。
日本はこの結果により決勝戦に進み、パキスタンと対戦することとなった。
なお、Man of the matchには日本のエースストライカーとして存在感のあるプレーを随所に見せた田中健太が選ばれた。

(文責:男子日本代表チームマネージャー 山堀貴彦)

得点

  • 8分 FG - #9 FW 田中健太 (箕島クラブ)
  • 38分 FG - #9 FW 田中健太 (箕島クラブ)
  • 43分 FG - #7 MF 村田和麻 (小矢部RED OX)
  • 60分 FG - #21 FW 和久利裕貴 (福井クラブ)

ハイライト映像

関連情報

関連記事

ホッケー日本リーグ

サイト更新情報

ホッケー関連団体

U18 女子日本代表 YOG アジア予選

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



オフィシャルサプライヤー


ページ上部へ戻る