女子日本代表「さくらジャパン」 ニュージーランド遠征 初戦結果のお知らせします。

女子日本代表 (世界ランク=WR12位) はニュージーランド・ノースハーバーホッケースタジアム にてニュージーランド代表 (WR4位) と対戦し、4-3 で勝利しました。

第2戦は1月26日 10:30 (日本時間) より対戦します。

試合№.1 オークランド 14:30 開始
日本 vs ニュージーランド
4 - 3

試合結果

ニュージーランド・フレンドリーマッチ第1戦

第1Q 7分、ニュージーランドは右サイド(23m内)からのフリーヒットをサークル内に打ち込む、日本がレシーブミスしたこぼれ玉に素早く反応、リバースで押し込み先制点を挙げる
9分、日本は左サイド40yd付近から#21星がスィープで23m付近右サイドの狩野に素早くパス、狩野がドリブルで仕掛けるが、相手DFにブロックされ一旦ボールは奪われるが、松本が素早い反応でプレスをかけボールを奪い返し、カウンターでそのままサークトップ右からヒットシュートで同点とする。
13分、ニュージーランドにPCを奪われ、ドラックシュートを右隅に決められ、1-2と逆点される。

第2Q 16分、日本はPCを取得し、#11野村が左隅にドラックシュートを決め2−2の同点とする。
20分、ニュージーランドは左サイドからサークルトップの味方にうまくボールを合わせる。タイミングよくレシーブしながら日本の守備を交わしサークルトップからシュートを決め2−3と逆転される。

第3Q 31分、#22河村がサークルトップで相手のキックを誘い、素早いリスタートでボールをサークル内に流す。そのボールを#19金藤がうまく拾い、プッシュシュートでゴールに押し込み3-3の同点に追いつく。

第4Q 59分、日本は、右サイド30yd付近リスタートから素早い展開で相手陣地までボールをつなぎ、#21星がサークル内に入れたボールを#15石橋が相手DFの不意をつくシュートでゴールイン、勝ち越しゴールをあげ4−3で試合が終了し、フレンドリーマッチ初戦を勝利で終えた。

(文責:女子日本代表コーチ・アナリスト 三浦恵子)

得点

  • 9分 FG - #23 MF 松本夏波 (天理大学)
  • 16分 PC - #11 MF 野村香奈 (南都銀行 SHOOTING STARS)
  • 31分 FG - #19 FW 金藤祥子 (コカ・コーラレッドスパークス)
  • 59分 FG - #15 MF 石橋唯今 (山梨学院大学)

関連情報

関連記事

ホッケー日本リーグ

サイト更新情報

ホッケー関連団体

さくらジャパン ニュージーランド遠征

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー


オフィシャルサプライヤー


ページ上部へ戻る