女子日本代表「さくらジャパン」 ニュージーランド遠征 第4戦結果のお知らせします。

女子日本代表 (世界ランク=WR12位) はニュージーランド・ノースハーバーホッケースタジアム にてニュージーランド代表 (WR4位) と対戦し、3-4 で敗れ、2勝2敗となりました。

第5戦は2月1日 14:30 (日本時間) より対戦します。

試合№.4 オークランド 14:30 開始
日本 vs ニュージーランド
3 - 4

試合結果

ニュージーランド・フレンドリーマッチ第4戦
第1Q、14分、ニュージーランドに自陣23m内右サイド付近からのFHでドリブルで持ち込まれ、サークルトップ付近からシュートされるが、#2内藤が一旦はシュートブロックするもゴール前にこぼれたボールを押し込まれ、先制される。
第2Q、24分、日本は、サークル内まで攻め込まれるも、#19金藤がセンタリングをカットし、#13狐塚につなぐ。そこから、#8真野→#20清水→#19金藤と右サイドで素早くボールを繋ぎ、ラストパスをサークルトップの#8真野がボールを受け、リバースシュートをゴール左下に決め、同点に追いつく。
第3Q、35分、ニュージーランドに自陣23m内右サイドFHからドリブルで回り込まれ、ゴール前に待ち構えていたFWにパス、タッチシートを決められ1−2となる。42分、日本は、敵陣23m右サイド付近より#2内藤が強烈なスイープをゴール前に打ち込む。GKがクリアしたボールを相手DFがキープするも#19金藤が上手くカットし、ベースラインに待ち構えていた加藤にリバースパスを繋ぐ。そのまま加藤が落ち着いて角度の無い所からプッシュで同点ゴールを決める。再び試合を振り出しに戻す。
第4Q、48分、コート中央でニュージーランドにボールを奪われる。右サイドからドリブルでサークルに持ち込まれ、左45度からリバースシュートを打たれる。ゴール前に流れてきたボールを相手FWがタッチ、ゴール右下に決められ2−3と逆転される。 56分、ニュージーランドに自陣23m内左サイドより、サークル侵入を許す。そのままGK前でフリーだった相手FWにパスが渡り、ゴールを決められ2−4と点差を広げられる。58分、日本はPCを取得し、#2内藤のスイープシュートを#20清水が鮮やかな左タッチを決め、1点差に詰め寄るも、トータルスコア3−4で試合を終える。

(文責:女子日本代表コーチ・アナリスト 三浦恵子)

得点

  • 24分 FG - #8 MF 真野由佳梨 (ソニーHC BRAVIA Ladies)
  • 42分 FG - #7 FW 加藤彰子 (コカ・コーラレッドスパークス)
  • 58分 PG - #20 FW 清水美並 (ソニーHC BRAVIA Ladies)

関連情報

関連記事

ホッケー日本リーグ

サイト更新情報

ホッケー関連団体

さくらジャパン ニュージーランド遠征

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー


オフィシャルサプライヤー


ページ上部へ戻る