女子日本代表 さくらジャパン「ニュージーランド 3カ国大会 (2018/クロムウェル) 」第3戦結果をお知らせします。

女子日本代表 (世界ランク=WR12位) は ニュージーランド・クロムウェル にてニュージーランド・クロムウェル にてニュージーランド (WR4位・ホスト国) と対戦し、1-4で敗れ、1勝 2敗 (勝ち点3) となりました。

第4戦は5月24日 15:30 (日本時間) より オーストラリア (WR5位) と対戦します。

試合№.4 セントラルオタゴスポーツクラブ 15:30 開始
日本 vs ニュージーランド
1 - 4

試合結果

2018年Pioneer Energy Tri Nations International Hockeyの第3戦、2巡目となりニュージランドとの対戦。日本のセンターパスから試合が開始された。

第1Q、日本は立ち上がりからテンポよくパスをつなぎ攻撃を仕掛ける。2分、右サイドハーフラインからFWの#25の鳥山にロングパスが繋がり、そのボールをうまくサークルトップ#19森にダイレクトで流し、森がサークルトップからリバースシュートを放つが相手GKに止められ得点することができない。7分、ニュージランドは右サイドからサークル内に強引にドリブル突破を試みPCを取得するが日本のGK#1景山が冷静に止め得点を許さない。しかし、その直後の8分、ニュージーランドは右サイドからヒットでサークル内に打ち込み、GKが弾いたボールを#29DOARが拾いリバースシュートでニュージーランドが先制点を挙げる。

第2Q、なんとか追いつきたい日本と、追加点が欲しいニュージーランドの激しい中盤戦での一進一退の攻防が続き前半戦が終了。

第3Q、最初にチャンスを創ったのは日本。右サイドから#19森が得意なドリブルで持ち込みPC取得するがこのチャンスを活かすことが出来ない。流れがニュージランドに変わる。33分ニュージーランドはカウンター攻撃で一気に攻め込み#4MERRYがダイブしながらゴールに押し込み追加点を奪う。追いつきたい日本は果敢に攻撃を仕掛け35分PCを取得する。#16及川が打ったドラックシュートをGKが弾き、こぼれたボールを#12永井(友)が見事なダイレクトシュートで1−2とし日本に勢いをつける。その後も激しい攻防が続く中、第3Qが終了。

第4Q、日本を突き放そうと勢いを加速させるニュージーランド。49分ニュージーランドはPCから#32McLARENがドラックシュートを左角に決め1−3と日本を突き放す。そして、54分にもPCから#25SMITHが綺麗にタッチシュートを決め1−4で試合が終了した。Pioneer Energy Tri Nations International Hockeyの第3戦は日本の力を封じ込まれる形で黒星で終わった。

(文責:女子日本代表コーチ 三浦恵子)

得点

  • 35分 PC - #12 FW 永井友理 (ソニーHC BRAVIA Ladies)

関連情報

関連記事

ホッケー日本リーグ

サイト更新情報

ホッケー関連団体

U18 女子日本代表 YOG アジア予選

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



オフィシャルサプライヤー


ページ上部へ戻る