U16 女子日本代表 Hockey WA F-H-E カップ (2017/パース)
試合結果のお知らせ

U16 女子日本代表は、オーストラリア・パースで開幕中の Hockey WA F-H-E カップ グループリーグ第3戦 (現地時間 11月24日 10:20~) で WA BLACK (オーストラリア) に 1-0 で連勝し、2勝1分となり グループA での勝ち点を7としました。

試合戦評

日本のセンターパスにより試合が開始された。序盤から日本がボールを支配し、流れをつくる。7分に日本がPCを獲得し、#6山下日がフリックシュートを放つも、ゴールネットを揺らすことはできない。その後もBLACK陣内に果敢に攻め込むもチャンスをものにできない。得点がほしい日本は17分にPCのチャンスを迎えた。#3團野がヒットシュートでゴール右下に決め、先制点を挙げて1-0となる。20分にも#13山下天からロングパスを受けた#16村山がサークル内にいた#14宮川にパスを出し、#14宮川が相手の反則を誘い、再びPCを獲得する。しかし、得点には繋がらず、そのまま1ー0で前半戦が終了した。

後半も日本ペースで序盤から果敢に攻め込み、PCを獲得する。#3團野のヒットシュートがGKに弾かれ、そのこぼれ球を#10川口がリバースシュートをするも枠にとられることが出来ず、追加点にはならなかった。その後もFWの#11岩崎・#18北山が前線からハイプレッシャーを仕掛け、中盤の#10川口・#9大嶋・#7林がインターセプトを狙い、速攻を仕掛ける。また、#3團野・#4安藤・#5沼田・#6山下日がBLACKを一本もシュートを打たせず安定した守備をみせ、前線へパスを繋ぎ、チャンスを生み出す。35分すぎから両チームともに疲れが出始じめ、ターンオーバーを繰り返し、体力勝負になってきた。日本はPCで効果的に攻撃を仕掛けるも、追加点を挙げることができない。46分にBLACKに初めてPCを獲得されるも、#1増田の好セーブによりピンチを凌ぎ、そのまま1ー0で日本が勝利し、2勝1分とした。

 

文責:女子U16コーチ  徳光 寿

試合記録・戦評

得点

  • 17分 PC - #3 DF 團野亜耶 (兵庫県・篠山中学校)

試合日程・結果

U16 女子日本代表 試合結果一覧

関連情報

関連記事

ホッケー日本リーグ

サイト更新情報

ホッケー関連団体

U18 女子日本代表 YOG アジア予選

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



オフィシャルサプライヤー


ページ上部へ戻る