男子日本リーグ 試合結果のお知らせ

現在開幕しております高円宮牌 2014 男子ホッケー日本リーグ 第1節 第2日の試合結果をお知らせします。

男子日本リーグ試合結果

試合№.7  10:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
福井クラブ
vs
診療印刷
1 0 前半 0
1 後半 0
0

悪天候の中、福井クラブのセンターパスにより試合開始。両チームともドリブルからチャンスをつくるが得点にはつながらず。福井クラのディフェンスがひかり診療印刷が攻めあぐむ。だが得点にはならず前半終了。後半は、どちらとも攻めが激しくなる中、福井クラがPCを獲得した。#2為国がフリックを打つもゴールにはならず。後半23分#11内藤が右からのセンタリングに合わせ1点先制する。その1点を守りきり1-0で福井クラブが勝利を挙げた。

試合№.8  12:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
天理大学ベアーズ
vs
立命館大学ホリーズ
3 1 前半 0
2 後半 0
0

天理大学ベアーズのセンターパスから試合開始。立命館大ホリーズがシュートパスをつなぎチャンスを向かえるも得点にはならず。前半18分、22分にはPCを立命館大が獲得するも天理大学のディフェンスに阻まれてしまう。前半31分に天理大学の#6落合が#11星の打ち込みに合わせ先制点を獲得。後半開始直後に立命館大がPCを獲得するも#1井川の好セーブにより得点にはつながらない。後半15分に#6落合が押しこみ2点差。その直後に#15石川がゴール前で粘り3点差とする。そのまま点数は変わらず3-0で天理大学が勝利を挙げた。

試合№.9  14:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
名古屋フラーテルホッケーチーム
vs
岐阜朝日クラブ (BLUE DEVILS)
5 1 前半 1
4 後半 0
1

小ぶりな雨が降る中、試合が始まった。両者とも出だしから激しい攻防の中で前半10分に名古屋フラーテルホッケーチームの中山が左から華麗にドリブルシュートを決めて、先制した。名古屋Fが流れをつかんだと思われたが前半12分に右からのパスを岐阜朝日クラブの佐橋が合わせて振出しに戻した。その後は両者ともチャンスを作るが決めきれずに前半が終了した。後半は前半と違った展開で、名古屋Fの川上が後半4分にキーパーが弾いたボールを押し込み1点。後半10分竹中の打ったスイープを藤本が合わせて2点、後半11分に川上がこぼれ球を押し込み3点、後半30分に橘がこぼれ球を押し込み4点目を決めた。結果5-1で名古屋Fの勝利で終わった。

試合№.10  10:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
法政大学
vs
東京農業大学
0 0 前半 0
0 後半 4
4

激しい雨の中、東京農業大学のセンターパスにより試合が開始されました。激しい雨により、両チームともボールを思うようにコントロールできず悪戦苦闘していた。両チームとも果敢に攻めるが決め手にはならず、前半を0-0でおりかえした。後半6分、東京農業大学#11元村のアシストから#5松井のシュートが決まり先制点を挙げる。この勢いにのり、後半14分東京農業大学#13青山のアシストから#14瀬川のシュートが決まった。後半32分、東京農業大学#5松井のアシストから#7岩崎のシュートが決まる。終了間際の34分に東京農業大学#5松井のアシストから#2丹内のシュートが4決まり4-0で東京農業大学が勝利した。

試合№.11  12:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
山梨学院 OCTOBER EAGLES
vs
ALDER飯能
0 0 前半 1
0 後半 0
1

ALDER飯能のセンターパスにより試合が始まった。前半4分AL飯能がPCを獲得するも、山梨学院 OCTOBER EAGLES・GKの高セーブにより得点にはいたらなかった。両チームとも一歩も引かず、激しい攻防が続き、PCを獲得するも決め手にはならなかった。前半終了間際の35分、AL飯能がPCを獲得し、#9福島のアシストから#3塚田のシュートが決まりAL飯能のリードで前半が終了した。後半、山梨学院に2枚のグリーンカードが課せられ、AL飯能が数的優位になり、PCを獲得するも、ものにできず得点にならなかった。終了間際35分に山梨学院がPCを獲得するも決め手にはならず、1-0でAL飯能が逃げ切り勝利した。

試合№.12  14:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
Selrio島根
vs
小矢部RED OX
3 2 前半 1
1 後半 1
2

小矢部RED OXのセンターパスにより前半戦が開始される。前半7分Selrio島根#16高橋のアシストから#5藤原のシュートが決まり先制点をあげる。その後、両チームともPCを獲得するも得点にはならなかったが、前半24分、小矢部R#17岡村がGKのリバウンドをおしこみ、同点に追いつく。セル島根も負けじと前半26分にPCを獲得、#6若槻のアシストから#5藤原がシュートを決め、2-1となり、セル島根のリードで前半を終える。後半7分、セル島根#10若槻のリバースシュートが決まる。この勢いにのり、10分にセル島根がPCを獲得するが追加点をあげることはできなかった。しかし、後半21分、小矢部RがPCを獲得、#8瀬島のアシストから#17岡村がシュートを決めるも、3-2でセル島根が逃げ切った。

試合戦評

以上

関連情報

関連記事

サイト更新情報

ホッケー関連団体

U18 女子日韓交流事業

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ページ上部へ戻る