男子日本リーグ 試合結果のお知らせ

現在開幕しております高円宮牌 2014 男子ホッケー日本リーグ 第4節 第7日の試合結果をお知らせします。

男子日本リーグ試合結果

試合№.37  11:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
立命館大学ホリーズ
vs
Selrio島根
3 1 前半 2
2 後半 1
3

立ち上がりから、両者一進一退の攻防が続く。前半15分、Selrio島根が右サイドから攻め込みMF#6若槻が豪快なヒットシュートを決め、先制点を挙げる。その後、立命館大学ホリーズも果敢に攻め込むがセルリオの堅い守備に阻まれる。前半27分立命館大学はPCを取得し、GKが弾いたところをMF#6河野が押し込み同点とする。続く、31分セルリオが前線でボールを奪うと、サークルトップから#6若槻が左下にスイープシュートを決め追加点を挙げる。このまま前半戦が終了しセルリオのリードで折り返す。後半10分、立命館大学MF#8田中がドリブルで持ち込みプッシュシュートを決め、再び同点とする。続く16分、セルリオFW#15島がGKの弾いたボールを押し込み追加点を挙げる。後半28分、立命館大学は左サイドからえぐり込みFW#17三浦が得点し、3-3の同点となる。試合終了間際、立命館大学はPCを取得するが決めきることが出来ず、3-3の引き分けで試合は終了した。

試合№.38  12:40 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
福井クラブ
vs
山梨学院 OCTOBER EAGLES
5 1 前半 1
4 後半 2
3

前半開始早々から両者激しい攻防が繰り広げられる。前半7分、福井クラブはPCを取得するが、決めることが出来ない。その後両チーム相手コートに攻め込むもチャンスを生かし切れない。前半19分山梨学院大学が左サイドから攻め込みセンタリングを上げるも得点にはならない。前半21分山梨学院がPCを取得するが決まらない。その直後前半22分、山梨学院は右サイドからのセンタリングをFW#21河村が見事なタッチシュートを決めた。その後も山梨学院が攻め込み、福井クラブが守り、カウンターを狙う展開が続く。前半34分、福井クラブは左サイドから攻め込みFW#7渡辺が得点し同点とする。このまま1-1の同点で前半を終了する。

後半7分、福井クラブはPCを取得し、DF#2為国がヒットシュートを決め、2-1とする。続く後半9分、山梨学院は左サイドからのセンタリングをFW#15石川が上手くタッチし、同点とする。後半13分、福井クラブFW#17峯が決め、追加点を挙げる。続く後半15分、福井クラブはPCを取得し#2為国がスイープシュートを決め、突き放す。追いつきたい山梨学院は後半26分、FW#17小澤がサークルトップからヒットシュートを決め、追加点を挙げる。後半32分、福井クラブはPCを取得し、#2為国がプッシュシュートを決め再び突き放す。試合終了間際、山梨学院はPCを取得するが相手GKに阻まれ得点することが出来ない。このまま試合は終了し、5-3で福井クラブが勝ち越した。

試合№.39  14:20 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
岐阜朝日クラブ (BLUE DEVILS)
vs
ALDER飯能
1 1 前半 1
0 後半 1
2

前半開始7分、ALDER飯能FW#11北里がサークルトップからスイープシュートを決め、先制点を挙げる。その直後、岐阜朝日クラブは反撃をしかけるがゴールポストに阻まれ得点することが出来ない。前半18分、岐阜朝日は左サイドからのセンタリングをFW#15片平が華麗なタッチシュートで決め、同点とする。前半24分、飯能はPCを取得するがゴールネットを揺らすことは出来ない。その後、一進一退の攻防が続いたが結局得点は動かず1-1同点のまま前半が終了した。後半も激しい攻防が続くが、両チームとも得点には至らない。後半12分、飯能はPCを取得するが、得点することが出来ない。一方、岐阜朝日も後半14分にPCを取得するがこちらも得点することが出来ない。後半27分、飯能は左サイドから攻め上がり、FW#12草野が押し込み待望の追加点を決める。その後、追いつきたい岐阜朝日は果敢に攻め込むが、飯能の粘り強い守備により得点することが出来ない。このまま試合は終了し、1-2でALDER飯能が勝利した。

試合№.40  11:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
名古屋フラーテルホッケーチーム
vs
小矢部RED OX
2 2 前半 0
0 後半 2
2

第4節小矢部シリーズ第1試合、名古屋フラーテルと地元小矢部レッドオックスの試合は、名古屋Fのセンターパスで始まった。両チーム前線からプレスをかけ、プレスを回避する素早いパス回しの展開となるが徐々に名古屋Fがペースを掴み、前半13分名古屋Fはカウンターから#4小野がセンターリング、#2川上良平がゴール前でタッチ、先制点を挙げる。続く名古屋Fは前半19分PCを取得、これを#5佐々木がヒットシュート、GKのレガースに当たるもゴールに吸い込まれ2-0となる。小矢部Rはハーフプレスからのカウンター、#6河合のロングボールから攻めるが得点できず前半終了。後半、均衡した試合展開となる中、後半39分名古屋F#13山下、42分名古屋F#9藤本がGカードを受ける。小矢部Rは#10早田佳、#19坪内を中心に攻撃を仕掛け、54分#坪内のドリブルからサークル内の#14早田秀へパスそしてシュート、シュートはGKがセーブするがこぼれ球を#8瀬島が押し込み小矢部Rが1点を返す。さらに小矢部Rは、62分#19坪内がセンターリング、#17岡村がゴール前でタッチシュートを決め同点に追いつく。名古屋Fも素早いパス回しからサークルインをするがゴールできない。小矢部Rは69分、PCを取得、#6河合がフリックシュートするがGKがセーブ。そのまま試合終了となり、2-2の引き分けとなった。

試合№.41  12:40 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
天理大学ベアーズ
vs
法政大学
3 1 前半 0
2 後半 1
1

第4節小矢部シリーズ第2試合、天理大学ベアーズと法政大学の試合は、天理大学のセンターパスで始まった。試合立ち上がりから天理大が優勢に試合を進める。前半18分天理大#6落合が左サイドから持ち込みシュート、先取点を挙げる。法政大学も走力を活かし攻撃を仕掛けるが天理大学の守りにより得点できない。天理大学はパス回しからチャンスをうかがい、法政大学は走力を活かしたカウンターを狙うがお互い決定打がなく前半が終了。法政大学のセンターパスにより後半開始、41分#11後藤が右からのセンタリングをタッチシュート、1-1の同点に追いつく。天理大学は素早いパスからチャンスを作り、55分天理大がPC取得。これを#4落合がダミーで左の#8膳棚へパス、これを#8膳棚がハイプッシュでゴール、2-1とする。さらに天理大学は、66分#6落合の右サイドからのドリブルを#21和久利がゴール前でタッチシュート、3-1と突き放す。天理大学が優勢に試合を進め、3-1で天理大学が勝利した。

試合№.42  14:20 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
診療印刷
vs
東京農業大学
2 1 前半 0
1 後半 1
1

第4節小矢部シリーズ3試合、診療印刷と東農大との試合は、東農大のセンターパスで始まった。序盤は互いに激しい攻防となるが、徐々に診療印刷が試合のペースを掴み、13分、15分とPCを獲得する。しかし東農大#4中村の好セーブにより得点を許さない。その後も診療印刷は優位に試合を進めるも中々得点ができない。、前半25分診療印刷は右サイドからの回り込みからこぼれたボールを#1奥谷が冷静に押し込み先制点をあげる。その後もお互い果敢に攻め込むが得点には至らず前半が終了。後半は、診療印刷のセンターパスにより開始される。開始早々#6村田を起点にチャンスをつくるも得点できず。38分東農大はワンチャンスを活かし#11元村のセンタリングに#19和氣が合わせて同点とする。その後は診療印刷ペースで試合が進み、46分PCを獲得して、#20大田が豪快にフリックを左上に決めて2-1とする。試合終盤は東農大が猛攻を仕掛け、70分にPCを獲得するも、チャンスを活かせずにそのまま試合終了となった。

試合戦評

以上

関連情報

関連記事

サイト更新情報

ホッケー関連団体

U18 女子日韓交流事業

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ページ上部へ戻る