男子日本リーグ 試合結果のお知らせ

高円宮牌 2015 男子ホッケー日本リーグ 第2節 第3日の試合結果をお知らせします。

男子日本リーグ試合結果

試合№.17  11:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
山梨学院 OCTOBER EAGLES
vs
東京農業大学
4 0

山梨学院OCTOBER EAGLES対東京農業大学の試合は、山学のセンターパスにより開始される。1Q、両者攻め合いが続く中、12分に東農がPCを得るも決めきれない。2Q、山学ペースで試合は進み、13分、山学#28上澤がリバースヒットを決め、1-0で前半を折り返す。3Q、山学が5分、11分、12分と立て続けに追加点を挙げ、4-0とする。4Q、互いに激しい攻防が続くも、点には繋がらず、1Q0-0、2Q1-0、3Q3-0、4Q0-0、計4-0で山学が勝利する。

試合№.15  12:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
名古屋フラーテル
vs
診療印刷
0 0

春風そよぐ中、12時05分に本日の第1試合名古屋F対診療印刷が開始。両チームともスピードある素早い攻撃を仕掛けるが、どちらも堅いDFの壁を破ることが出来ないままに第1クォーターが終了。 第2クォーターに入り9分診療印刷にチャンスが訪れるが、名古屋FGK新本の好守に阻まれ得点ならず。その後も両チームの激しい攻撃が続くが、どちらもDFの壁を崩すことが出来いまま第2クォーターが終了。 第3クォーターに入り、名古屋が押し気味に試合を進める。診療も反撃を試みるが、名古屋のFWの出足鋭いチェックになかなかパスをつなげることができない。名古屋Fのペースで終了。0対0のまま、第4クォーターに入る。2分に名古屋が両チーム通じて初めてのPCをつかむが、ゴール左にはずし得点ならず。その後も運動量に勝る名古屋の攻撃が続く。試合終了間際、名古屋がPCを取得するが、惜しくも得点につながらず。0対0のまま試合終了。

試合№.18  12:40 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
LIEBE 栃木
vs
駿河台大学
2 3

LIEBE栃木対駿河台大学の試合は、駿河台大学のセンターパスにより試合が開始される。1Q5分駿河台#11佐藤が右サイドから持ち込み最後は#27小林が決め先制点とする。続く6分またも#27小林が決め追加点を挙げる。2Q、追いつきたい栃木は15#24川村のセンタリングに、#3北山が合わせ1点を返す。3Q2分、栃木がPCを獲得し、これを#2藤巻がしっかりと決め同点に追いつく。お互い一歩も譲らない戦いが続く中、9分駿河台#27小林がリバースヒットを決め再びリードする。4Q,両者2本のPCを取得するも得点には至らずそのまま試合が終了し、1Q0−2、2Q1−0、3Q1−1、4Q0−0、計2−3で駿河台大学が勝利する。

試合№.16  13:40 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
福井クラブ
vs
Selrio島根
2 2

地元S島根が出場する第2試合は立ち上がりより、両チーム一進一退の攻防が繰り広げられた。第1クオーターはお互いに譲らず0対で0終了。第2クオーターに入り両チーム先取点がほしい中、4分に福井11番内藤のアシストを受け13番小林が待望の1点を入れる。その後お互いに得点ならず、1対0で第2クオーターが終了。第3クオーターに入り得点の欲しいS島根は早いパス回しから福井に攻め込みPC取るも得点にはならない。一方、得点で優位に立つ福井は引き気味からカウンターでS島根ゴールを狙うも得点にならず。13分に福井がPCを取り5番川端がしっかり左下に決め追加点をあげる。2対0で第3クオーターが終了。地元での勝利を目指すS島根は第4クオーター開始1分PC取るも決まらず。その後も攻め続けるS島根に対し、得点で優位な福井はディフェンスを堅め1カウンターでS島根に対抗。10分にS島根21番原がタッチであわせ待望の1点を入れる。勢いに乗ったS島根は11分、12分と立て続けにPCを取り最後は5番藤原がPCのリバウンドをそのままシュートし同点。同点に追いつかれた福井はS島根に猛攻を仕掛け、13分、14分と立て続けにPCを取るも惜しくも得点にはならず。両者譲らないまま2対2で試合終了。

試合№.19  14:20 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
岐阜朝日クラブ
vs
法政大学
3 1

岐阜朝日クラブ対法政大学の試合は法政のセンターパスにより開始される。1Q4分岐阜#27武石がプッシュで決め先制点を挙げる。8分法政#14鈴木が決めすぐに同点に追いつく。2Q、岐阜2本法政3本PCを獲得するも両者得点には至らない。3Q8分法政#8松本がヒットシュートを打つもキーパーに阻まれ得点できない。その後12分岐阜がPCを取得し、#2百成が落ち着いて決め2-1とリードする。4Q、9分岐阜#24片岡がヒットシュートを右隅に決め追加点とする。法政も果敢に攻めるも岐阜の堅い守備に阻まれる。そのまま試合は終了し1Q1-1、2Q0-0、3Q1-0、4Q1-0計3-1で岐阜が勝利する。

試合戦評

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 キッコーマン株式会社 SOMPOアセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る