男子日本リーグ 試合結果のお知らせ

現在開催しております高円宮牌 2015 男子ホッケー日本リーグ 第7節 第12日の試合結果をお知らせします。

男子日本リーグ試合結果

試合№.55  10:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
東京農業大学
vs
法政大学
3 2

法政大学のセンターパスにより試合が開始された。第1Qは両者得点を入れることができず、第2Qに入る。26分東京農大#14瀬川のヒットシュートが決まり先制点を挙げる。すぐさま27分法政大#23根本がプッシュシュートを決め、1-1の同点にする。第2Q終了間際の29分、東京農大#19和氣が、#15内田からのセンターリングをタッチシュートで決め2-1とし前半を折り返した。第3Qは、お互いチャンスをものにできず2-1のまま第4Qに入る。第4Q開始早々に法政大が、この試合初めてのPCを取得するが決めることができず。しかし、49分法政大#8松本がリバースシュートを決め2-2の同点とする。58分東京農大がPCを取得し、#15内田がフリックシュートを決め3-2。再び東京農大がリードする。1点差を守りきり、3-2で東京農大が勝利した。

試合№.59  11:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
福井クラブ
vs
立命館大学ホリーズ
2 6

福井クラブのセンターパスで試合が開始された。第1Q2分、福井クの#9冨山がプッシュシュートを決め1-0と先制する。6分立命館ホリーズ#1大橋が同点シュートを決め、9分にも#1大橋がPCからフリックシュートを決めて1-2と逆転する。しかし、福井クもすぐさま#22三谷がリバーシュートを決め同点とする。第2Qは、一進一退の攻防が続く。20分立命館大の#4木下がヒットシュートを決め2-3とする。続いて23分には、立命館大#1大橋が相手のボールをパスカットし、最後は#8津田が押し込み2-4とし、2点差をつける。第3Qは両者とも得点することができない。第4Qに入り、福井クがチャンスを作るが得点することができない。49分立命館大の#8津田がタッチシュートを決め2-5。更に51分には立命館大#1大橋がPCからフリックシュートを決め、2-6とし大きく突き放した。このまま試合は終了。立命館大が勝利した。

試合№.56  11:40 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
岐阜朝日クラブ
vs
LIEBE 栃木
6 2

岐阜朝日クラブのセンターパスで試合が開始された。第1Q2分、岐阜朝日#10辻がドリブルで持ち込みそのままシュート。そのリバウンドを#20川畑が押し込み先制点を挙げる。すぐさま4分には、#16杉下がヒットシュートを決め2-0とする。第2Qに入り、LIEBE栃木がPCを取得するが得点に至らず。岐阜朝日もカウンターで追加点を狙うが決めることができず2-0で前半を折り返す。第3Qに入り、岐阜朝日がPCを獲得するが得点することができない。逆にL栃木が43分、センターリングを#1石村がタッチシュートを決め2-1。1点差に攻め寄る。しかし、45分には岐阜朝日の#30大崎がタッチシュートを決め3-1。再び2点差とする。第4Q49分にも#30大崎がゴールを決め4-1と突き放す。54分には、岐阜朝日#20川畑が本日2点目を決め5-1とする。57分、L栃木の#4那須がタッチシュートを決め5-2とするが、その直後の58分に、岐阜朝日はPCを獲得し、#10辻が決め6-2とし試合終了。岐阜朝日が勝利を収めた。

試合№.60  12:40 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
ALDER飯能
vs
診療印刷
0 4

ALDER飯能のセンターパスで試合が開始された。第1Qは両者なかなかシュートまで持ち込むことができない拮抗した状態が続く中、AL飯能#12草野がGKと1対1のチャンスを作るが活かすことができない。12分診療印刷の#6村田が、PCからのタッチシュートを決め先制点を挙げ0-1とする。第2Q21分には、診療印刷#1奥谷がGKのリバウンドを押し込み2-0とし前半を折り返す。第3Qに入り、お互いシュート数も増えるが、互いの攻守に阻まれる。その中で、34分診療印刷の#15細木がPCからヒットシュートを決め3-0と突き放す。更に第4Q53分、診療印刷#10佐藤広がPCからフリックシュートを決め4-0とし、4点差をつける。個人技で状況を打開しようとするAL飯能も食らいつくが、エース#11北里の負傷もあり、得点することができず試合終了。4-0で診療印刷が勝利した。

試合№.57  13:50 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
名古屋フラーテル
vs
山梨学院 OCTOBER EAGLES
4 1

名古屋フラーテルのセンターパスで試合が開始された。第1Q14分、名古屋Fの素早いパス回しからのセンターリングを、#11川上がタッチシュートを決め先制点を挙げる。第2Qの開始早々の16分、名古屋Fの#9藤本がGKからのリバウンドを押し込み2-0とする。更に28分、名古屋Fはドリブルでサークルに侵入。こぼれ球を#8井島が反応し3点目を決め山梨学院を突き放し、3-0で前半を折り返す。第3Q早々、#6山崎がドリブルで切り込み、31分山梨学院の#28上澤がシュートを決め3-1とする。その後、両者一進一退の攻防が続くが得点が入らない。第4Qに入り、山梨学院がPCを取得するが名古屋Fの粘り強いDFで防がれ追加点を入れることができない。59分、名古屋Fの#4小野がタッチシュートを決め4-1とし試合終了。名古屋Fが勝利した。 

試合№.61  14:20 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
小矢部RED OX
vs
駿河台大学
2 0

駿河台大学のセンターパスで試合が開始された。第1Q11分、小矢部RED OXがPCを取得。#6河合がフリックシュートを放つがGKに阻まれる。しかし、そのリバウンドボールを#7高村が押し込み先制点を挙げ1-0とする。第2Qは、両者ともチャンスを活かすことができず得点に至らず。1-0で小矢部Rのリードで前半を折り返す。第3Qもお互い激し攻防が続くがチャンスを活かすことができない。第4Q56分、小矢部Rの#6河合がPCからフリックシュートを決め追加点を挙げる。結果、2-0で小矢部Rが勝利した。

試合№.58  15:30 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
天理大学ベアーズ
vs
Selrio島根
8 3

Selrio島根のセンターパスで試合が開始された。第1Q4分、S島根が巧みなパス回しでPCを獲得し、#7渡辺がプッシュシュートを決め先制点を挙げ0-1とする。15分には、S島根#6若槻晃がドリブルで持ち込み、ゴール前の混戦の中、#17糸原がシュートを決め0-2とし、2点差をつける。第2Qに入ると、16分天理大学ベアーズの#10石川がタッチシュートを決め1-2とする。更に19分には、天理大#6落合大がプッシュシュートを決め2-2の同点とする。第3Qに入り、天理大の猛攻が続き、34分#17福田がタッチシュートを決め逆転。36分#6落合大がゴール前のこぼれ球を押し込み4-2。第3Q終了間際の45分には、#19山本がスイープでシュートを決め5-2とし、3点差をつけた。第4Qも天理大の勢いが止まらず、54分#20新井が、56分#4山田がシュートを決め7-2としS島根を突き放す。S島根も負けじと反撃、58分#17糸原がタッチシュートを決め1点を返し7-3とする。しかし、天理大は終了間際60分、#23山川がだめ押しのプッシュシュートを決め8-3とし、天理大が勝利した。

試合戦評

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
ページ上部へ戻る