男子日本リーグ 試合結果のお知らせ

現在開催しております高円宮牌 2015 男子ホッケー日本リーグ 第9節 第17日の試合結果をお知らせします。

名古屋フラーテルは、LIEBE栃木9-0で破り勝ち点を34とし、3年連続・10回目の優勝を飾りました。

男子日本リーグ試合結果

試合№.85  13:20 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
福井クラブ
vs
東京農業大学
2 0

東農のセンターパスにより試合が開始された。一進一退の攻防が繰り広げられ、両者とも得点のないまま、0-0で第1Qが終了する。 第2Qに入っても一進一退の攻防が続いたが、終了間際の30分、福井がPCを獲得すると、#2為国が確実に決め、1-0と福井リードで第2Qを折り返した。 第3Qも両者とも得点のチャンスをつくりながらも決定打に欠け、1-0のまま第3Qが終了した。 第4Q開始早々の47分、福井はPCを獲得すると、#2為国のシュートが決まり、2-0とリードを広げた。その後は両者とも得点が入らないまま福井が2-0で勝利し、勝点20とした。

試合№.86  15:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
岐阜朝日クラブ
vs
駿河台大学
3 0

岐阜のセンターパスにより試合が開始された。両チーム早々からスピーディーな試合を展開する。試合が動いたのは13分、岐阜#8田中のゴールで1-0とリードする。 第2Qに入っても岐阜のペースで試合が進む。28分にPCを獲得すると、#10辻がタッチシュートで追加点をあげ、2-0で第2Qを折り返した。 第3Qも岐阜のペースは変わらないが、駿河台もチャンスをつくり始め、次第にペースをつかむ。しかし、両者ともチャンスをものにできず、2-0のまま第3Qが終了する。 第4Q開始直後、岐阜は46分、#20川畑が左サイドから切り込んでセンターリングし、#10辻がこれに合わせて、3-0と点差を広げた。その後、両者とも得点のないまま試合が終了し、3-0で岐阜が勝利した。岐阜は勝点18とした。

試合№.83  15:30 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
名古屋フラーテル
vs
LIEBE 栃木
9 0

名古屋のセンターパスにより試合が開始された。開始直後から、名古屋が速いプレッシャーで攻勢を仕掛ける。栃木は、GK#29塚田を中心に粘り強く守りを展開する。13分、名古屋はPCのチャンスに#14長澤のゴール左下へのシュートで先制し、第1Qは1-0の名古屋リードで終了した。 第2Qも名古屋の攻撃が続き、20分に#11川上、21分に#25若林が連続で得点をあげると、27分にも#18井島が追加点をあげ、4-0の名古屋リードで第2Qを折り返す。 第3Q開始早々の32分、名古屋#8塩川が得点すると、43分には、名古屋#11川上が追加点をあげ、6-0と点差を広げた。 第4Q、栃木は数少ないチャンスをつくるが得点につなげることはできない。名古屋は48分に#9藤本、49分に#17橘、55分に#23柳本が追加点を挙げ、9-0の大差で名古屋が勝利し、勝点34とした。

試合№.84  16:50 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
小矢部RED OX
vs
法政大学
3 2

法政のセンターパスで試合が開始された。第1Qの10分、小矢部#19坪内が決めて先制する。その後は、両者とも決定機をつくれず、小矢部が1-0でリードして第1Qが終了する。 第2Q、19分、法政は連続してPCを獲得するが得点には繋がらない。一方、小矢部は24分、#8瀬島のリバースヒットに#20白椛がタッチで合わせて、追加点をあげ2-0とした。粘る法政も28分、#21岸本がリバースヒットで1点を返し、2-1の小矢部リードで第2Qを折り返す。 第3Qは両者一歩も譲らず、無得点のまま第3Qが終了する。 第4Q、56分、小矢部が右サイドの攻撃からPSを獲得すると、#6河合がゴール左上に冷静に決めて追加点をあげ、3-1と点差を広げた。試合終了間際の59分、法政は#8松本が得点し、一矢を報いるも小矢部が3-2で勝利し、試合が終了する。小矢部は勝点19とした。

試合戦評

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る