女子日本リーグ 試合結果のお知らせ

現在開催しております高円宮牌 2013 女子ホッケー日本リーグ 第2節 第4日の試合結果をお知らせします。

女子日本リーグ試合結果

試合№.9  09:30 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
グラクソ・スミスクライン
vs
山梨学院 CROWNING GLORIES
0 0 前半 2
0 後半 2
4

山梨学院のセンターパスで試合が開始される。前半早々から山梨学院が激しい攻撃を仕掛ける。序盤は両チームともサークル内へ入れない状態が続く。15分、グラクソが速攻から山梨学院サークル内へ侵入、シュートを撃つがゴールから外れる。21分、山梨学院はグラクソのサークル内へ侵入しサークル右側から#6岡田がセンタリング、#17花田がそのボールをタッチし先制点を挙げる。ここで勢いをつけた山梨学院はその後も激しい攻撃を仕掛ける。32分、山梨学院がPCを取得、#1田中がリバースシュートで2点目を決め、前半終了。後半に入り、39分、グラクソ陣サークル内の混戦から山梨学院#12佐藤が押し込み3点目をあげる。対するグラクソは43分、62分とシュートチャンスを得るもキーパーに阻まれる。そして63分、山梨学院は高い位置でインターセプトした#12佐藤が、サークル左からリバースシュートを決めて4-0とし、そのまま山梨学院が勝利した。

試合№.10  11:10 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
南都銀行SHOOTING STARS
vs
天理大学ベアーズ
5 3 前半 0
2 後半 0
0

南都のセンターパスで試合が開始される。序盤から南都銀行が攻めの姿勢に入る。6分、南都の攻撃から左サイドでセンタリング、これが天理DFに当たりオウンゴールとなって南都が先制点をあげる。その後も南都の猛攻が続く。12分、南都はPCのタッチを#8為藤が決めて追加点をあげる。28分にも南都はPCから右で待ち構えた#11西岡がタッチで決めて3-0と突き放す。天理も右サイドからチャンスを窺うが、攻撃のラインを上げることができず攻め上がれない。後半に入っても南都が優位にゲームを進める。45分、南都は左サイド23m付近から早いクロスを中#13前田が中央で合わせて4点目をあげる。63分、天理は左サイドからの鋭いクロスでゴールに迫るが得点には至らない。そして67分には南都#16佐々木が豪快なヒットシュートで5点目をあげ、5-0で南都銀行が試合に勝利した。

試合№.11  12:50 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
ソニーHC BRAVIA Ladies
vs
東海学院大学
4 3 前半 0
1 後半 0
0

東海のセンターパスで試合が始まる。最初にチャンスを得たのは東海。5分、東海はPCを取得するがソニーDFに阻まれ得点には至らない。7分、次はソニーがPCを取得。東海DFのクリアからカウンターによりPCを2本続けて獲得するも得点には至らない。迎えた20分、ソニーはサークル内でボールを繋ぎ最後は#11佐藤が押し込み先制する。ここで勢いをつけたソニーは続く24分にも#9金がサークル内でボールを受けヒットシュートを決める。東海も反撃を試みるが、ソニーの早いプレスの前にチャンスを作れない。その後もソニーが試合の主導権を握り、33分にPCから#10中島がタッチシュートを決め3点目をあげる。後半の立ち上がりもソニーがボールを支配し、東海がカウンターを狙うという試合展開であったが、お互いに決定機を物に出来ない。そして57分、ソニーのシュートを東海GKがクリアミス、PCとなる。二度のアゲインから続く59分、ソニー#8深野のタッチシュートが決まり4-0となる。その後も65分、67分とソニーは立て続けにPCを取得するが決める事ができない。そのまま試合は終了し、4-0でソニーの勝利となる。

試合№.12  14:30 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
立命館大学ホリーズ
vs
コカ・コーラウエスト レッドスパークス
0 0 前半 3
0 後半 6
9

CCWRのセンターパスで試合が開始される。序盤からCCWRが激しい攻撃を仕掛ける。1分、早くもCCWRがシュートチャンス、これは立命GKに止められる。続く4分、CCWRが立命サークル内へ侵入、CCWR#9新井がリバウンドを押し込み先制点をあげる。その後9分、10分とCCWRは二度のチャンスを得るものの立命GKが好セーブを見せる。迎えた15分、CCWRのPCから#6大田が2点目をあげる。20分、またもCCWRはPCを取得、#11駒澤がタッチを決め3-0で前半を折り返す。後半戦に入ってもCCWRの攻撃の手は緩まない。40分、46分とCCWRは二度のPCのチャンスを得るが決めることができない。そして48分、#6大田がシュートを決め追加点をあげる。55分には#15川端が、57分には#5西村がシュートを決め6-0と大きく差をつける。その後もCCCWRの攻撃は続き、63分にはPCから#16金が、67分には#8小野、68分には#21岩尾がそれぞれ得点をあげ9-0でCCWRが試合に勝利した。

試合戦評

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る