女子日本リーグ 試合結果のお知らせ

現在開催しております高円宮牌 2014 女子ホッケー日本リーグ 第1節 第1日の試合結果をお知らせします。

女子日本リーグ試合結果

試合№.1  13:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
ソニーHC BRAVIA Ladies
vs
東海学院大学
4 2 前半 0
2 後半 0
0

ソニーHC BRAVIA Lasiesのセンターパスにより前半戦が開始された。開始早々,SONYは立て続けにシュートを放つも決めることができない。直後,東海学院#10山口にグリーンカードの警告が出される。17分SONY #3及川の打ち込みに#7石田が反応し,ヒットシュートを決め,1-0とする。その後もSONYの猛攻は続きが東海学院大学の堅い守備により追加点をあげることができない。しかし,終了間際PCから#4坂井が豪快なフリックシュートを決め2-0とし,前半戦を折り返す。後半が開始され引き続きSONYは果敢に攻め続けるも,東海学院大学GK清水がファインプレーを見せる。一進一退の攻防が続く中 SONY #19永井友が待望の3点目をあげる。続く32分#10中島が4点目を決めそのまま4-0で試合が終了しSONYが勝利する。

試合№.2  15:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
山梨学院 CROWNING GLORIES
vs
グラクソ・スミスクラインOrange United
1 0 前半 1
1 後半 1
2

山梨学院 CROWNING GLORIES 対 グラクソ・スミスクライン Orrenge United の試合は,山梨学院のセンターパスにより開始された。開始4分,グラクソ #15市山の打ち込みに対して#11柴田が反応し,タッチシュートで1点とする。19分に山梨学院がゴール前まで攻め込み,何度もシュートを放つが得点にはいたらない。その後,両者一進一退の攻撃が続き,前半を折り返す。後半に入ると山梨学院ペースで試合が進み,何度もシュートチャンスを得るもグラクソの堅い守備により,決め切れない。しかし,46分山梨学院 #26河村がキーパーをかわし,待望の1点を決める。その後は互いに激しい攻撃が続くが終了間際にPCからグラクソ #14遠藤がヒットシュートを決め,2-1とし,グラクソが2-1で勝利した。

試合№.3  13:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
天理大学ベアーズ
vs
コカ・コーラウエスト レッドスパークス
0 0 前半 5
0 後半 3
8

ソニーHC BRAVIA Lasiesのセンターパスにより前半戦が開始された。開始早々,SONYは立て続けにシュートを放つも決めることができない。直後,東海学院#10山口にグリーンカードの警告が出される。17分SONY #3及川の打ち込みに#7石田が反応し,ヒットシュートを決め,1-0とする。その後もSONYの猛攻は続きが東海学院大学の堅い守備により追加点をあげることができない。しかし,終了間際PCから#4坂井が豪快なフリックシュートを決め2-0とし,前半戦を折り返す。後半が開始され引き続きSONYは果敢に攻め続けるも,東海学院大学GK清水がファインプレーを見せる。一進一退の攻防が続く中 SONY #19永井友が待望の3点目をあげる。続く32分#10中島が4点目を決めそのまま4-0で試合が終了しSONYが勝利する。

試合№.4  15:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
南都銀行SHOOTING STARS
vs
立命館大学ホリーズ
4 4 前半 0
0 後半 0
0

山梨学院 CROWNING GLORIES 対 グラクソ・スミスクライン Orrenge United の試合は,山梨学院のセンターパスにより開始された。開始4分,グラクソ #15市山の打ち込みに対して#11柴田が反応し,タッチシュートで1点とする。19分に山梨学院がゴール前まで攻め込み,何度もシュートを放つが得点にはいたらない。その後,両者一進一退の攻撃が続き,前半を折り返す。後半に入ると山梨学院ペースで試合が進み,何度もシュートチャンスを得るもグラクソの堅い守備により,決め切れない。しかし,46分山梨学院 #26河村がキーパーをかわし,待望の1点を決める。その後は互いに激しい攻撃が続くが終了間際にPCからグラクソ #14遠藤がヒットシュートを決め,2-1とし,グラクソが2-1で勝利した。 

試合戦評

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 SOMPOアセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る