女子日本リーグ 試合結果のお知らせ

現在開催しております高円宮牌 2015 女子ホッケー日本リーグ 第2節 第4日の試合結果をお知らせします。

女子日本リーグ試合結果

試合№.12  09:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
山梨学院 CROWNING GLORIES
vs
聖泉大学
9 0

聖泉大学のセンターパスにより試合が開始された。試合開始早々、山梨学院は、PCを獲得し、チャンスを迎える。#20藤井の豪快なヒットシュートが決まり先制する。その後5分に#5分に佐藤、#17井澤が得点し、山梨学院の勢いは止まらない。8分山梨学院は、#20藤井のフリックシュートを放つもゴールポストに当たりおしくも得点することが出来ない。負けじと聖泉大も攻めるが、山梨学院の堅いディフェンスを崩すことができない。第2Q、22分山梨学院#8西永のシュートが決まる。23分にも#12河村が落ち着いて決め得点する。第3Q 両者一歩も譲らず均衡したゲームとなる。だが、39分試合が動く。PCを獲得した山梨学院の#18が上手くタッチシュートを決め均衡を破った。その後40、41分と得点し、8-0と点差がひらくことになる。第4Q 山梨学院PCからまたしても#20藤井のヒットシュートが決まる。聖泉大も攻めるが、なかなかサークルまでボールを持って行くことができない。結局 9-0で山梨学院が勝利を収めた。

試合№.13  10:40 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
東海学院大学
vs
駿河台大学 LADYBIRDS
4 1

駿河台大のセンターパスにより試合が開始された。両者一歩も譲らず一進一退のゲームが開始される。6分駿河台大#21松本が押し込み先制する。このまま駿河台大が勢いに乗るかと思われたが、10分東海学院大#24中花が技ありのタッチシュートを決め試合を振り出しに戻す。第2Q 両者チャンスを作るも、得点までは至らず 1-1で前半を折り返す。第3Q 東海学院のペースで試合が進む。だが駿河台大も負けてはいない何度もチャンスを作るが得点することが出来ない。39分東海学院大#3羽田がGKを上手くかわし、シュートを決め特望の2点目を獲得。東海学院は勢いそのままに、41分PCで#24中花が綺麗なタッチシュートを決め駿河台大を突き離す。第4Q 駿河台大はPCを獲得しチャンスを迎える。強烈なヒットシュートを放つが、キーパーの好セーブにより得点することができない。対する東海学院もPCを獲得しゴール隅を狙った強烈なヒットシュートを放つが、駿河台大#12長岡の好セーブに阻まれる。58分東海学院大#14八木のリバースシュートが右下に突き刺さり得点する。結局4-1で東海学院大が勝利を収めた。

試合№.14  12:20 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
立命館大学ホリーズ
vs
天理大学ベアーズ
0 4

天理大学のセンターパスにより試合が開始された。4分天理大#29森のスピード感湧れるドリブルから左上段に豪快なヒットシュートを決め先制する。対する立命館大はグリーンカードで2人退場になり人数の少ない天理大を攻め立てるが、天理大の堅い守備に阻まれる。第2Q 天理大学はPCを獲得。絶妙なタッチシュートが決まり、特望の2点目をもぎ取る。第3Q 開始早々、立命館大は、PCを獲得。強烈なヒットシュートを放つが、GKの好セーブにより得点することができない。対する天理大学、GKと1対1のビックチャンスを迎えるが、GK#1要石の好セーブに阻まれる。しかし、38分天理大、PCから#10松本が豪快なシュートで3点目を獲得する。第4Q 48分天理大は、PSを獲得 これを#10松本がきっちり決め立命館大を突き離す。 立命館大を反撃にでるが、天理大の堅いディフェンスを崩すことができない。結局 4-0で天理大が勝利を収めた。

試合№.15  14:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
コカ・コーラウエスト レッドスパークス
vs
南都銀行 SHOOTING STARS
1 0

南都銀行のセンターパスにより試合が開始された。めまぐるしく攻守の変わる展開となり、両者チャンスを作るものの、得点することが出来ない。第2Q 19分混戦の中抜け出したコカ・コーラウエスト#13加藤が落ち着いて決め特望の先制点をもぎとる。29分コカ・コーラウエストは、PCを獲得、#8小野のスイープヒットにより得点を狙うが南都銀行の堅いディフェンスに阻まれる。コカ・コーラウエストが1-0とリードのまま前半を折り返す。 第3Q 37分コカ・コーラウエストは、華麗なパスワークで相手を崩し、ゴールに迫るが得点に結び付けることが出来ない。対する南都銀行、この試合、始めてのPCを獲得する。強烈なスイープヒットに上手くタッチで合わせたが惜しくもゴールの枠を外れるコカ・コーラウエストも果敢に攻めるが、南都銀行の堅い守りに阻まれ得点することができない。第4Q 両者一歩も譲らない一進一退の攻防が続く、終了間際、南都銀行がPCを獲得、ここで決めたら同点となる場面、南都銀行のヒットシュートは惜しくも枠の外、結局1-0でコカ・コーラウエストが勝利を収めた。

試合№.16  15:40 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
ソニーHC BRAVIA Ladies
vs
グラクソ・スミスクライン Orange United
6 0

ソニーのセンターパスにより試合が開始された。両者一歩も譲らず一進一退の攻防が続く、そんな中、ソニーはPCを獲得。シュートは惜しくも外れ、両者無得点のまま第1Qを終える。第2Q GSKは、上手いパスワークでソニーのゴールに迫る。対するソニーも素早いパスワークでゴールを脅かす。均衡を破ったのはソニー、19分混戦の中、#10中島がシュートを決め先制点をもぎとる。これで勢いづいたソニーは、たて続けにPCを獲得するがGSKの堅い守りに阻まれ追加点を取ることができない。1-0とソニーがリードして前半を折り返す。第3Q 32分に#9金が勝負強さを見せ追加点を挙げる。#9金の勢いは、止まらない、32分にも豪快なシュートを決めソニーを勢いづかせる。しかしそうはさせまいとGSKは、PCを獲得。GSKの強烈なフリックシュートは、おしくも枠を外れる。その後、ソニーは、37分#12義浦がシュートを決め4-0とGSKを突き離す。第3Q終了間際、ソニーは2点の追加点を挙げ6-0とする。第4Q 第3Qの勢いのままにソニーはGSKを攻め立てる。だが、GSKの堅い守りにより得点することができない。結局6-0でソニーが勝利を収めた。

試合戦評

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る