女子日本リーグ 試合結果のお知らせ

現在開催しております高円宮牌 2015 女子ホッケー日本リーグ最終節 最終日 順位決定リーグ戦の結果をお知らせします。

ソニーHC BRAVIA Ladiesは、コカ・コーラウエスト レッドスパークス2-0で破り勝ち点を9とし、2年ぶり・7回目の優勝を飾りました。

順位決定リーグ戦 1位~4位

試合№.54  13:20 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
南都銀行 SHOOTING STARS
vs
山梨学院 CROWNING GLORIES
1 0

山梨学院のセンターパスで試合開始。序盤から激しい攻防が繰り広げられ、一進一退の展開。両チームPCのチャンスを得るが得点に結びつけることができない。徐々に南都の攻め上がる時間帯が増えてくるが、山梨も決定機を与えないディフェンスで膠着状態が続く。試合が動いたのは後半に入った34分、南都はPCから#9野村がプッシュシュートを決め、待望の先制点を奪う。追いつきたい山梨学院は#12河村のドリブルを攻撃の起点として攻め上がるが、南都ディフェンスが決定機を与えない。4Q終盤には、あわや同点ゴールというシーンもあったが最終判定はノーゴール。そのまま試合が終了し、1-0で南都が勝利し3位となった。

試合№.55  15:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
ソニーHC BRAVIA Ladies
vs
コカ・コーラウエスト レッドスパークス
2 0

ソニーのセンターパスで試合が開始。序盤から両チーム積極的にチャンスを伺い、攻守の切り替えが早い展開でゲームは進む。お互いPCを獲得するが、それぞれの守備陣の堅い守りでスコアは動かない。ミスの許されない緊張感のある試合展開の中、両チーム無得点で前半を折り返す。試合が動いたのは後半に入った37分、ソニーはPCのシュートでディフェンスに当たって浮き上がったボールを#20山本がうまく押し込み先制する。優勝するには勝つしかないコカ・コーラは、追いつくべく猛攻を仕掛けるが、ソニー守備陣の堅い守りに阻まれ得点出来ない。逆に59分、ソニーはライトのドリブルから最後は#8中島がタッチシュートを決め2点目を奪い試合を決定づける。そのまま2-0でソニーが勝利、2年ぶりの優勝を決めた。

順位決定リーグ戦 5位~8位

試合№.57  11:40 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
グラクソ・スミスクライン Orange United
vs
立命館大学ホリーズ
3 1

立命館大のセンターパスにより試合が開始された。第1Q両者一歩も譲らない、一進一退の攻防が続き0-0で第1Qを終了した。第2Q試合が動いたのは19分、PCを獲得したGSK#4山中の豪快なヒットシュートから先制点を決めた。立命館大も果敢に攻めるが、DF陣の堅い守備に阻まれて得点することが出来ない。1-0となり、第2Qを終える。第3Q、35分GSKはスピードのある攻撃から、#8片峯がリバースヒットシュートを決め、2-0とする。第4Q、勢いに乗ったGSKは49分、#8片峯が再びシュートを決め3-0とする。しかしその直後、立命館大は早いパス攻撃から、#11笠丸がゴールを決め3-1とする。そのまま試合は終了し、3-1でGSKが勝利した。その結果、グラクソ・スミスクラインが第7位、立命館大学ホリーズが第8位となった。

順位決定リーグ戦 9位・10位

試合№.56  10:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
駿河台大学 LADYBIRDS
vs
聖泉大学
3 1

駿河台大のセンターパスにより、試合が開始された。8分、#7下向がGKとの1対1を上手くかわし、リバースヒットシュートで先制点をあげる。対する聖泉大も、11分#6荒木がリバースヒットシュートで同点ゴールを決め、試合を振り出しに戻す。そのまま、第1Qが終了する。第2Q、29分駿河台大の#21松本がタッチシュートを決め、1-1の均衡を破り2-1とリードする。駿河台がリードしたまま、第3Qを迎える。第3Q、両者一歩も譲らず、激しい攻防が続くが、両者とも得点を上げることは出来ない。第4Q、振り出しに戻すべく聖泉大が果敢に攻め込むが、駿河台大の好守備により、シュートを阻まれる。対する駿河台大は、55分#15がタッチシュートを決め、追加点を上げ、3-1とリードを広げた。その後も駿河台大が守り切り、3-1で勝利を収めた。これにより、駿河台大学LADYBIRDSがリーグ第9位、聖泉大学がリーグ第10位となった。

試合№.58  13:20 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
東海学院大学
vs
天理大学ベアーズ
0 1

東海学院のセンターパスにより試合が開始された。試合開始5分、東海学院はPCを獲得するがチャンスをものに出来ない。両者一歩も譲らず一進一退の攻防が続く。第2Q、開始3分東海学院がPCを獲得するも中村のナイスセーブでゴールをわることが出来ない。両者激しい攻防の中、得点出来ず第2Qが終了した。第3Q、試合が動いたのは開始5分天理大#29森の早いリスタートから左へパスし、#7江村の力強よいダイレクトシュートが決まる。第4Q1-0と天理大がリードの中両者攻防が続く。第4Q、6分東海学院を獲得するが得点に繋がらないまま試合が終了し、1-0で天理大学ベアーズが勝利した。これにより天理大学ベアーズがリーグ第5位、東海学院大学がリーグ第6位となった。

最終順位表

1位~4位
順位 チーム 試合数 勝点
得点
得失
点差
優勝 ソニー 3 9 3 0 0 8 8
2 CCW 3 5 1 1 1 9 6
3 南都 3 4 1 1 1 2 -2
4 山梨学 3 0 0 0 3 0 -12
5位~8位
順位 チーム 試合数 勝点
得点
得失
点差
5 天理 3 9 3 0 0 4 3
6 東海学 3 6 2 0 1 10 8
7 GSK 3 3 1 0 2 4 -1
8 立命 3 0 0 0 3 2 -10
9位・10位
順位 チーム 試合数 勝点
得点
得失
点差
9 駿河台 1 3 1 0 0 3 2
10 聖泉 1 0 0 0 1 1 -2

試合戦評

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る