第1回 FIH ワールドリーグ セミファイナル (2013/ジョホールバル)
男子ホッケー日本代表「サムライジャパン」 試合結果のお知らせ

男子日本代表 (世界ランク=WR16位) は、ワールドリーグ セミファイナルのグループA 第3戦でドイツ (WR1位) と対戦し 1-3 で敗れ、通算1分2敗でグループAのリーグ戦を3位で終えました。韓国と勝ち点で並びましたが、総得点で日本が上回りました。

7月4日からの準々決勝はでは、ワールドリーグ ファイナル進出をかけて、18時00分 (日本時間) よりイングランド (グループB2位・WR4位) と対戦します。

本大会の各試合は、Youtube FIH チャンネルにて生中継されています。

試合結果 (日本時間)

試合№.9  16:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
日本
vs
ドイツ連邦共和国
1 1 前半 1
0 後半 2
3

ワールドリーグセミファイナル予選リーグ最終戦のドイツ戦は降雨により、20分遅れのスタートとなった。

(前半) 日本は開始早々5分ドイツのライトからのセンタリングに対し、オウンゴールで先制点を与えてしまう。日本は9分に相手陣内でプレスからボールを奪うと、橘から小野へとパスが渡り、最後は裏のスペースに抜け出した吉原が小野からのワンタッチパスに反応し、シュートを放つがGKに阻まれ惜しくも得点にはならず。14分に日本はドイツ陣内でレフトからのフリーヒットを得ると、中山がドリブルインからPCを取得する。これを長澤のドラッグフリックシュートのリバウンドに反応した藤本にドイツはたまらず反則を犯し、PSを取得。これをきっちり粥川がGKの動きを見てゴール中央に決め、日本は同点に追い付く。その後ドイツペースで試合が続くが日本はGK高瀬を中心に慌てず冷静に対応し、ドイツに得点を与えない。 前半はこのまま1-1で終了となり、勝負は後半へ。

(後半) 後半に入り42分ドイツはライトから早めにセンタリングを放つと、サークル内でボールを受けたFUCHS FLORIANが素早いリバースシュートから2点目を決める。その後徐々に疲れの見え始めたドイツに対し、日本は幾度もカウンターアタックを中心に攻撃を仕掛けるが、シュートまで持ち込むことができず得点を奪えない。すると61分ドイツは日本陣内でフリーヒットのチャンスを得ると、レフトからライトへ展開し、バックライン沿いのドリブルインから最後は中央でタッチシュートを決め、3点目を奪う。その後、果敢に攻めた日本であったが、最後まで得点を奪うことができず1-3で試合終了。 日本は世界王者のドイツに対し敗れたものの、最後まで集中力を切らすことなく、攻守に渡りチーム一丸となり70分間を戦い抜いた。

日本は予選プールを3位で終え、次戦の準々決勝はイングランドと対戦する。

得点

  • 前半15分 PS・DF#3 粥川幸司 (名古屋フラーテルホッケーチーム)

戦評

FIH によるダイジェスト映像

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 キッコーマン株式会社 SOMPOアセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る