第8回 FIH チャンピオンズチャレンジⅠ (2014/クアンタン)
男子日本代表 試合結果のお知らせ

男子日本代表 (世界ランク=WR14位) は、マレーシア・クアンタンで開催中のチャンピオンズチャレンジⅠ 第1ラウンド・第2戦でニュージーランド (WR6位) と対戦し 1-6 で敗れました。

日本は勝ち点3のままとなり、総得点でグループA・3位に後退しました。

第3戦は4月29日18時00分 (日本時間) よりアイルランド (WR15位) と対戦します。

試合結果

試合№.5  16:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
日本
vs
ニュージーランド
1 0 前半 4
1 後半 2
6

チャンピオンズチャレンジⅠ2014の予選リーグ第2戦目は、今大会の参加国中世界ランキング最上位国である6位ニュージーランド(ブラックスティックス)との対戦である。

(前半)日本は開始早々から立て続けにチャンスを創り、3分ライトのコーナーから藤本のセンタリングからPCを取得。しかしこのPCの橘のドラッグフリックシュートは1番騎に阻まれ得点ならず。5分日本はカウンターのボールを自陣で奪われると、ライトからのサークルインを許し、ヒットシュートを決められる。更に10分にはレフトのサークルインからPCを奪われ、これをゴール右上にドラッグフリックシュートを決められる。19分にはレフトからのシュート、前半終了間際の34分にはスクープでのロングパスから一気にサークルへ侵入され、リバースシュートから失点してしまう。

前半、日本はニュージーランドより多くのシュートを放ちながらも、両国の決定力の差からか0-4で試合は後半へ。

(後半)後半開始早々37分日本はレフトのセンタリングからニュージーランドにPCを与えてしまい、これをゴール右上に決められる。日本は52分中央から粥川が打ち込んだボールはニュージーランドDFのスティックに当たり角度が変わるが、藤本が上手く合わせ、ようやく日本は1点を返す。しかし59分日本は中盤でパスをカットされると、これをニュージーランドは確実に決める。その後両チームPCを取得するが得点には至らず試合終了となった。

得点

  • 後半17分 – #9  藤本一平 FG (名古屋フラーテルホッケーチーム)

記録・戦評

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る