第8回 FIH チャンピオンズチャレンジⅠ (2014/クアンタン)
男子日本代表 試合結果のお知らせ

男子日本代表 (世界ランク=WR14位) は、マレーシア・クアンタンで開催中のチャンピオンズチャレンジⅠ5戦目・5位-8位決定予備戦でフランス (WR17位) と対戦し 2-3 で敗れました。

第6戦 (最終戦)は5月4日 15:45 (日本時間) に行われる7位決定戦でポーランド (WR18位) と対戦します。

試合結果

試合№.18  18:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
日本
vs
フランス
2 1 前半 2
1 後半 1
3

チャンピオンズチャレンジⅠ5-8位順位決定予備戦は、世界ランキング17位フランスとの対戦である。フランスは昨年インドで開催されたジュニアワールドカップの準優勝国であり、今大会には準優勝メンバー12名を含んだチーム構成である。

(前半) 立ち上がりから積極的に前からプレスを仕掛けるフランスに対し、日本は3分細かいパスを繋ぎ相手陣内に攻め込むと、レフトのコーナーから北里がドリブルからの打ち込みで幸先良くPCを取得する。しかし畠山のドラッグフリックシュートは相手の1番騎に阻まれ得点ならず。すると5分にフランスはライトのコーナーからサークルにパスを通すとリバースシュートを豪快にゴール左上に突き刺し、先制点を挙げる。その後は両チーム前半から積極的に攻撃を仕掛け、白熱した試合展開となる。24分日本は自陣からのカウンターで一気にフランスのサークルへ侵入すると、相手GKのタックルによりPSを取得。これを粥川が冷静に決め、同点に追い付く。同点直後の25分フランスはライトからサークルインし、PCを取得。このPCのドラッグフリックシュートを確実に決め、フランス1点リードで前半を終える。

(後半) 後半に入るとフランスは運動量が低下し、日本のペースで試合が進む。日本はフランスより数多くのチャンスを何度も創り出すものの、得点に至らない。51分日本はフランスのサークル前で山部がボールを奪い、藤本のシュートのリバウンドから最後は山部がPCを取得。これを畠山がドラッグフリックシュートをゴール左下に決め、日本は再び同点に追い付く。その後両チーム勝ち越し点を奪いにいくために、最後の死力を尽くしての攻防となる。66分フランスは日本のフルプレスの後方へスクープを放つと、落下地点の優先順位から日本DFの反則となり、フランスはリスタートからサークルに侵入する。フランスFWがドリブルからボールを離したのを見逃さず、高瀬はクリアに行くが、その瞬間ダイビングからスティックを伸ばして当てたボールは日本ゴールに吸い込まれ、フランスは勝ち越しに成功する。 日本はGK高瀬に代え粥川を投入し、パワープレーで最後の攻撃に出るがフランスのゴールをこじ開けることはできず試合終了となった。

得点

  • 前半24分 #3 粥川幸司・PS (名古屋フラーテルホッケーチーム)
  • 後半16分 #16 畠山学・PC (名古屋フラーテルホッケーチーム)

記録・戦評

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る