男子日本代表 2015 インド遠征
試合結果のお知らせ

男子日本代表は、インド遠征 (ブバネーショワル、5月3日~5月9日の計4戦) での初戦で 1-1 と引き分けました。

試合№.1  22:30 開始
日本
vs
インド共和国
1 1

インド遠征初戦。インドとは2013年に日本で開催された第3回アジアチャンピオンズトロフィー以来となる対戦である。日本(世界ランキング16位)は昨年の仁川アジア大会優勝国のインド(世界ランキング9位)とのテストマッチ4連戦の初戦に、GK新本、DFには粥川、塩川、山下、長澤が入り、MFには小野、川上、坂本、FWにはトップに田中、右に三谷、左に北里の布陣で臨んだ。

(第1クォーター)開始直後日本はインドに押され気味での試合展開となり、5分インドにPCを奪われるが、このPCのドラッグフリックシュートはゴール左に外れる。徐々に固さの取れた日本は10分中盤でのリスタートから三谷がドリブルで仕掛けると、最後はサークル内でパスを受けた田中が倒されPCを取得する。このPCは膳棚の右上に放ったドラッグフリックシュートはインドDFに阻まれ、惜しくも得点ならず。両者無得点で、第1クォーター終了。

(第2クォーター)19分日本はDFからボールを繋ぎ、中盤のライトでパスを受けた坂本がゴール前へクロスパスを打ち込むと、国際試合初キャップとなる黒川がタッチシュートを決め、日本が先制点を奪う。その後も日本は何度かインド陣内へ攻め込み、シュートを放つが追加点を奪うには至らず、前半を1-0のリードで終える。

(第3クォーター)後半に入り、一進一退の攻防が続く。44分インドはレフトからパス&ランで崩し、ドリブル突破を試みると日本はサークル外からPCを与えてしまう。このPCのドラッグフリックシュートをゴール右上に決められ同点となり、第3クォーター終了。

(第4クォーター)最終クォーター、両チーム追加点を奪いに行くため、激しい攻防が続く。日本は残り2分のところでGK高瀬に代えMF村田を投入し、勝ち越しを狙いに行くがインドもゴール前をしっかりと固める。結局このまま第1戦は同点で試合終了となった。

得点

  • 19分 FG – #12 MF 黒川大地 (天理大学)

試合日程・戦評

試合ビデオ (DD Sports)

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 SOMPOアセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る