男子日本代表 2015 インド遠征
試合結果のお知らせ

男子日本代表は、インド遠征 (ブバネーショワル、5月3日~5月9日の計4戦) での第2戦で 0-2 で敗れ、1分1敗となりました。

試合№.2  22:30 開始
日本
vs
インド共和国
0 2

インド遠征第2戦。日本はFWの田中に代わって国際大会初キャップとなる和久利が先発起用され、それ以外は第1戦と同様のメンバーで臨んだ。

(第1クォーター)6分インドはレフトからサークルインし中央へ折り返すと、こぼれ球をフリーでシュートするがポストを直撃し得点とはならない。日本は何度かインドのサークルインに成功するものの得点には至らず、0-0で終了。

(第2クォーター)22分日本はスピードに乗ったインドの攻撃をサークル外でスライディングから防ぐがPCの判定。しかしこのPCは1番騎の長澤が防ぐ。25分日本は自陣に引いて守りを固めるインドから、スペースでボールを受けた坂本が巧みなドリブルからサークルインするとPCを取得。しかしこのPCの膳棚のドラッグフリックシュートはGK正面で得点ならず。27分インドはレフトからのドリブル突破で日本のDF陣を抜き去ると、中央への折り返しを合わせ先制点を奪う。

(第3クォーター)第3クォーターはお互い様子を伺いながらの試合展開となる。両チームカウンターアタックからの攻撃回数が多くなるが、両チーム得点を奪うことなく0-1のまま試合は最終クォーターへ。

(第4クォーター)日本は47分カウンター攻撃を仕掛けるが、ボールを奪われ、逆にインドのカウンターを喰らってしまう。インドのライトからのクロスボールをサークルトップのFWに受けられると、リバースシュートのリバウンドを拾われ、0-2とされてしまう。55分日本はインドのアウトレットのボールを川上がパスカットし藤本にボールを預けると、リバースシュートからPCを取得。しかしこのPCの北里のドラッグフリックシュートはゴールの枠を捉えきれず、得点を奪うことができない。日本は試合終盤には得点を奪いに行く意識が強く働き過ぎたせいか、縦へのボールを簡単に奪われる場面が増え、インドにカウンターアタックから数本のシュートを打たれてしまうが、GK高瀬がこれ以上の追加点を許さない。

しかしながら第2戦目は0-2での敗戦となった。

得点

試合日程・戦評

試合ビデオ (DD Sports)

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る