男子日本代表 2015 インド遠征
試合結果のお知らせ

男子日本代表は、インド遠征 (ブバネーショワル、5月3日~5月9日の計4戦) での第3戦で 1-2 で敗れ、1分2敗となりました。

試合№.3  22:30 開始
日本
vs
インド共和国
1 2

インド遠征第3戦。日本は第2戦のメンバーから、DF粥川に代わって星が先発出場。

(第1クォーター) 試合開始からやや日本のペースで試合が進んでいく。両者お互いに何度かサークルインするものの、シュートまでは持ち込むことができないまま、0-0で終了。

(第2クォーター) 最初のシュートは日本。19分カウンターアタックから和久利が自陣レフトからドリブルで仕掛けると、サークル内の坂本にパスを送る。坂本はリバースシュートを放つが、このシュートはGK正面で得点ならず。その後も日本の攻撃は続き、21分またもカウンターから北里がドリブルでレフトからサークルインしリバースシュートを放つが、ゴールに右に外れる。インドは第2クォーター終了間際の30分、レフトからサークルインすると、リバースシュートからPCを取得。このPCをドラッグフリックシュートをゴール左上に決め、先制点を挙げる。

(第3クォーター) 第3クォーターに入り、勢いに乗るインドがゲームの主導権を握る。それでも日本は36分自陣からパスを繋ぎインド陣内に攻め込みクロスパスを放つ。しかしここからインドのカウンターアタックが開始され、シンプルに前線にパスを繋ぐと、最後はレフト23m付近から中央へのドリブル突破でヒットシュートを決め2点目を奪う。その後もインドがやや優位に試合を進めるが、日本は集中力を切らさない守備で追加点を与えない。44分日本はロングコーナーを得ると、インドの守備陣形の整わない隙にレフトから黒川がサークルインしPCを取得。このPCを北里のスイープシュートのリバウンドを和久利が押し込み日本は1点を返す。

(第4クォーター) 同点に追い付きたい日本と追加点を奪い突き放したいインド。お互いにゴールを奪うべく、激しい攻防が続く。50分インドはPCを奪うが、このドラッグフリックシュートはGK高瀬がセーブし追加点を与えない。55分日本は中盤の村田からサークルトップ中央の黒川にパスが渡り、黒川はシュートを放つがこれは惜しくもゴール左に外れる。そして残り5分を切ったところで第1戦に続き、GK高瀬に代えDF粥川を投入する日本。日本は時間を有効に使いながら、何度もインドサークルに侵入するが、インドの厚い壁を崩すことができず、このまま1-2で試合終了となった。

なおこの試合で、DF塩川が国際キャップ100試合目を記録した。

得点

  • 44分 PC – #25 FW 和久利裕貴 (天理大学)

試合日程・戦評

試合ビデオ (DD Sports)

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る