第25回 アズランシャーカップ (2016/マレーシア)
男子日本代表「サムライジャパン」試合結果のお知らせ

男子日本代表 (世界ランク=WR16位) は、アズランシャーカップ 第3戦で、カナダ (WR14位) に 1-3 で敗れ、3敗となりました。

第4戦は4月10日 17:05 (日本時間) より ニュージーランド (WR8位) と対戦します。

試合№.7 イポー 17:05 開始
日本 vs カナダ
1 - 3

 日本の第3戦は、リオオリンピック出場を決めているカナダとの対戦。気温が高く日差しが強く差し込む16時、試合開始となった。

(第1クォーター)立ち上がりから両チームとも高いラインでプレスを仕掛け、積極的なプレーを見せる。日本は、素早い攻撃からカナダサークルに侵入しシュートを放つシーンや、GKとの1対1の局面を迎えるが、チャンスをものにできない。対するカナダは#7 HO-GARCIA Gabrielのドリブル突破からチャンスを伺うが日本の守備に阻まれ得点とはならず。

(第2クォーター)第1Q同様、両チームとも積極的なプレーを見せる第2Q、両チームともチャンスはあるが均衡を破ることはできず第3Qへと進む。

(第3クォーター)先にチャンスをものにしたのはカナダ。日本のビルドアップをカットした#19PEARSON Markのシュートで先制点を挙げる。直後には、#7 HO-GARCIA Gabrieがドリブル突破からシュートを決め、日本を引き離す。返したい日本は、42分にPCを獲得すると坂本が決め、その差を1点とする。流れを引き戻したい日本だが、ターンオーバーからPCを奪われてしまう。これを決められ、またしても2点差へと引き離されてしまう。

(第4クォーター)第4Qに入り、日本の時間が長く続き、幾度となくカナダゴールに襲い掛かるが、カナダの必死の守備により得点することができない。PCのチャンスも得るが、GKのナイスセーブが続き、敢え無く試合終了。日本は、3敗となった。
次戦は、4月10日16:05(日本時間17:05)から、ニュージーランドとの対戦となる。

(文責:男子日本代表コーチ 穴井善博)

  • シュート数:日本-12、カナダ-8
  • PC 数:日本-6、カナダ-3

得点

  • 42分 PC – #32 FW 坂本博紀 (箕島クラブ)

試合記録・戦評

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る