2016 韓国遠征
男子日本代表「サムライジャパン」試合結果のお知らせ

男子日本代表 (世界ランク=WR16位) は、韓国遠征の第3戦で韓国 (WR9位) と対戦し 3-6 で敗れ、1勝2敗となりました。

次戦は7月21日 10:00 (日本時間) より、同じく韓国と対戦します。

日本
vs
韓国
3 – 6

第1Q、日本は積極的なプレスから韓国ボールを奪いにかかる。3分、日本は、ボール奪った直後、攻撃陣がターンオーバーを仕掛けていき、最終ライン裏に抜け出した田中健がゴールを決め先制する。韓国は得点を狙うべくスピードのあるドリブルで日本サークルに侵入を試み、
7分・12分とPCからドラックフリックで得点しあっさりと逆転とする。14分、日本は正確なパス回しで韓国サークルに侵入し、最後は亀崎がタッチシュートを決め2対2の同点する。

第2Q、日本のミスから、韓国ペースでの試合展開が続く。20分、韓国にFGを決められリードを許す。

第3Q、日本はなかなかペースが掴めない。38分、又してもミスから韓国にボールを奪われ得点を許してしまう。

第4Q、韓国は疲れも見え始め、徐々に日本のリズムへと傾きかけたが、一瞬の隙を突かれ48分・51分と連続で韓国に追加点を決められる。このまま試合が進むかに思われたが、日本も粘りを見せ、56分に山崎がゴールと決め点差を縮める。最後まで諦めず攻撃を続けるがこれ以上点差を縮めれず、3対6で試合が終了した。

文責:男子日本代表コーチ 穴井善博

得点

  • 5分  FG – #9 FW 田中健太 (箕島クラブ)
  • 14分 FG – #28 FW 亀崎信一 (聖泉大学)
  • 56分   – #1 FW 山崎晃嗣 (山梨学院大学)

試合記録・戦評

以上

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る