男子日本代表 (世界ランク=WR16位) は、アジアチャンピオンズトロフィー 最終戦となる5位決定戦で、中国 (WR18位) に 3-4 で敗れ今大会6位となりました。

試合№.16 クアンタン 17:00 開始
日本 vs 中国
3 - 4

試合記録・戦評

アジアチャンピオンズトロフィー最終戦の相手は、中国。

第1Q、日本のセンターパスにより試合が開始された。8分、日本は右サイドから細かなパスを繋ぎ、中国サークルに侵入した落合がリバースシュートを放ち先制する。

第2Q、反撃に出る中国は、17分、20分、23分と立て続けに得点し日本を突き放す。24分、日本は、しっかりとパスを繋ぎ、最後はFWの田中健太がドリブルで相手を交わしゴールを決め、点差を縮める。

第3Q、追いつきたい日本は、ボールを支配し主導権を握るがチャンスをものにできない。

第4Q、PCを獲得した日本は、バリエーションから田中健太がタッチシュートを決め同点とする。勢いに乗る日本であるが、中国のターンオーバーからPCを与え、タッチシュートから得点とされる。その後、日本は果敢に攻撃を続けるがゴールを割れず、3対4で敗戦となった。
この結果により日本は、6位で大会を終えた。

  • シュート数:日本-7、中国-4
  • PC 数:日本-2、中国-4

(文責:男子日本代表コーチ 穴井善博)

得点

  • 8分 FG – #6 MF 落合大将 (LIEBE栃木)
  • 24分 FG – #9 FW 田中健太 (箕島クラブ)
  • 48分 PC – #9 FW 田中健太 (箕島クラブ)

出場国と最終結果

   チーム 世界ランク
優勝 インド 6位
準優勝 パキスタン 13位
3位 マレーシア 14位
4位 韓国 11位
5位 中国 18位
6位 日本 16位

FIH 世界ランキング 10月3日現在

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
ページ上部へ戻る