男子日本代表 (世界ランク=WR16位) は、アズランシャーカップ 5位決定戦で、開催国マレーシア (グループリーグ6位・WR14位) に 1-3で敗れ、今大会6位となりました。

試合№.16 イポー 16:40 開始
日本 vs マレーシア
1 - 3

試合記録・戦評

第26回スルタンアズランシャーカップトーナメントの第6戦、5・6位決定戦はマレーシアとの対戦であった。
第1Q、日本のセンターパスにより試合が開始された。マレーシアは守備力が高く、カウンターアタックを得意とするチームなので、攻撃時のバランスと PC の攻防がキーポイントとなった。8分、マレーシアは PC のバリエーションから SAMUSUL Haziq がタッチシュートを決め、先制する。続く11分、マレーシアはサークル中央でパスを受けた ASHARI Firhan が右に流れながらヒットシュートで得点する。
第2Q、28分、日本はレフトサイドから打ち込んで GK が処理したボールを田中海渡が拾い、GK を上手くかわしてシュートを決める。
第3Q、34分、マレーシアは PC を得ると SAARI Faiza がドラッグフリックをゴール右上に決める。残り1分で雷雨になり、試合が1時間中断する。
第4Q、試合再開後、日本は、ハイリスクを負いながらプレス・ビルディングを果敢に試みる。残り4分でパワープレーも試みるもマレーシアの守備は固く、得点することができず、試合が終了した。この結果により日本は6位で大会を終えた。
なお、この大会のベストゴールキーパーに新本が選ばれた。

(文責:男子日本代表ヘッドコーチ 山堀貴彦)

得点

  • 28分 FG - #14 MF 田中海渡 (天理大学)

最終結果

  チーム 世界ランク
優勝 イギリス  
準優勝 オーストラリア連邦 2位
3位 インド共和国 6位
4位 ニュージーランド 8位
5位 マレーシア(ホスト国) 14位
6位 日本 16位

関連情報

関連記事

SOMPO CUP 女子4ヶ国いばらき国際大会

9.12 開幕! 大会特設サイト

サイト更新情報

ホッケー関連団体

FIH 女子ワールドカップ 2018

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
ページ上部へ戻る