男子日本代表 (世界ランク=WR16位) は、ワールドリーグ セミファイナル グループリーグ第3戦で、フランス (WR17位) に 1-4 で敗れ、3敗となりました。

第4戦は7月17日 19:00 (日本時間) よりオーストラリア (WR2位) と対戦します。

試合№.10  21:00 開始
日本 vs フランス共和国
1 - 4

試合記録・戦評

ワールドリーグセミファイナル第3戦はワールドランキング17位のフランスとの対戦であった。

第1Q、フランスのセンターパスにより試合が開始された。日本はSWを高い位置にポジショニングし、積極的なプレッシングを試みたが、フランスの個人スキルに打開され、決定的な場面を多く与える。しかし、GK新本の落ち着いたプレーでゴールを守る。10分、フランスは右への速いサイドチェンジからサークルに打ち込み、TYNEVES Etienneがタッチシュートを決め先制する。
第2Q、21分、フランスはビルディングから中央のスペースにドリブルし、BAUMGARTEN Gaspardがオープンレシーブでボールを受け、そのままドリブルでサークルに侵入し、ヒットシュートを決める。24分、日本は星が高い位置でインターセプトし、そのままドリブルでサークルイン、セカンドポストで待つ和久利にパスが通り、タッチシュートを決める。
第3Q、日本は田中健のドリブルからPCを獲得するも決めることができない。44分、フランスはカウンターアタックからPCを獲得するとGOYET Francoisがリバースダイビングタッチシュートを決める。
第4Q、日本はSWをなくし、オールコートでマンツーマンプレスをかけると高い位置でのインターセプトからPCを取得。しかし、フランスDFに日本PCアタックを分析され、得点することができない。55分、フランスは日本陣地の大きなスペースへスクープパスを通し、ROGEAU Blaiseがタッチシュートを決める。日本は最後まで諦めずに勇敢に戦うも試合が終了した。

(文責:男子日本代表チームマネージャー 山堀貴彦)

得点

  • 24分 FG – #21 FW 和久利裕貴 (福井クラブ)

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る