男子日本代表 (世界ランク=WR16位) は、ニュージーランド4ヶ国大会 (2018/ハミルトン) 第2戦で、ニュージーランド (WR9位) に 2-6 で敗れ、2敗となりました。

第3戦は1月27日 10:15 (日本時間) より インド (WR6位) と対戦します。

試合№.4 ハミルトン 15:30 開始
日本 vs ニュージーランド
2 - 6

ニュージーランド4ヶ国大会ハミルトンシリーズの第2戦は、ワールドランキング9位のニュージーランドとの対戦であった。

第1Q、ニュージーランドのセンターパスにより、試合が開始された。ニュージーランドはハイプレスで日本にプレッシャーをかけ、ボールを奪い、決定的なチャンスを演出するもGK吉川が好セーブを見せる。

第2Q、19分、ニュージーランドはセンターライン付近でボールを奪い、速いカウンターアタックからMISKIMMIN Harryがサークル左からリバースヒットシュートをサイドネットに決めて先制する。28分、ニュージーランドはPCの変則プレーからのリバウンドボールをLETT Daneが拾い、得点をあげる。

第3Q、43分、ニュージーランドはハイプレスでボールを奪ってサークルに侵入し、MUIR Georgeがスライディングタッチシュートを決める。

第4Q、51分、ニュージーランドはPCから日本DFのクリアミスを拾い、JENNESS Stephenがトリッキーなリバースシュートを決める。56分、日本はサークル付近で粘り強いボールキープする落合から山崎にボールが渡り、上手くスペースへ抜け出し、豪快なヒットシュートをゴール右上に決める。56分、ニュージーランドは日本のインターセプトミスから数的優位を作り、パスを繋いで最後はJENNESS Stephenが得点をあげる。59分、ニュージーランドは右サイドからパスをつなぎ日本DFを翻弄するとCHILD Marcusがリバースシュートで日本GKの股下を抜き得点する。59分、日本はサークル内で山崎からのアシストパスを和久利がワンタッチシュートを決めて、試合が終了した。

(文責:男子日本代表チームマネージャー 山堀貴彦)

得点

  • 56分 FG - #1 FW 山﨑晃嗣 (山梨学院大学)
  • 59分 FG - #21 FW 和久利裕貴 (福井クラブ)

関連情報

関連記事

SOMPO CUP 女子4ヶ国いばらき国際大会

9.12 開幕! 大会特設サイト

サイト更新情報

ホッケー関連団体

FIH 女子ワールドカップ 2018

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
ページ上部へ戻る