男子日本代表 サムライジャパンは、オランダ遠征の第4戦で Kampong HC と対戦し 4-3 で勝利し、2勝2敗となりました。

第5戦は 4月25日 16:15 (現地時間) より HGC HC と対戦します。

 4月24日 19:30~ (現地時間)
日本 vs Kampong HC
4 – 3

試合結果

サムライジャパンのオランダ遠征第4戦は、ユーロホッケーリーグでベスト4に進出し、オランダリーグ(フードクラッセ)のレギュラーシーズンを無敗で首位を走っているKampong HCとの対戦であった。

第1Q 試合開始1分、Kampongは右サイドから左サイドへの速いサイドチェンジからサークルに侵入し、日本DFが弾いたセカンドボールを拾い、ワンハンドリバースシュートを決め、先制する。9分、Kampongはハイプレスでボールを奪うとパスを細かくつなぎ、右から豪快なヒットシュートをゴール上段に決める。

第2Q 23分、日本は山下のインターセプトから山崎、村田とパスをつなぎ、村田がサークル内での絶妙なレシーブでDFをかわし、豪快なリバースヒットシュートをゴール左上段に決める。26分、日本はPCからニアポストの霧下がドラッグフリックシュートをゴール左下に決める。

第3Q 26分、日本はハイプレスで山田がボールを奪い、渡辺がパスを受け、ターニングからのクイックなヒットシュートを決める。

第4Q 51分、Kampongはターンオーバーから個人技で日本DFを翻弄し、右サイドからの折り返しをダイレクトシュートで得点する。57分、日本は右サイドの速いリスタートから福田がサークル侵入し、倒れ込みながらシュート。GKがセーブするもリバウンドボールを星が拾い、プッシュシュートを決める。Kampomgは残り時間でパワープレーを試みるも日本は粘り強い守備で耐えしのぎ、試合が終了した。

(文責:男子日本代表コーチ 山堀貴彦)

得点

  • 18分 FG – #7 FW 村田和麻 (小矢部 RED OX)
  • 26分 PC – #32 DF 霧下義貴 (天理大学) 
  • 36分 FG – #18 FW 渡辺晃大 (立命館大学)
  • 57分 FG – #8 MF 星卓 (LIEBE 栃木)

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る