男子日本代表 サムライジャパンは、オランダ遠征の最終戦で Hurley HC と対戦し 2-2 で引き分け、3勝1分2敗で終えました。

 4月26日 20:00~ (現地時間)
日本 vs Hurley HC
2 – 2

試合結果

サムライジャパンのオランダ遠征第6戦は、Hurley HCとの対戦であった。

第1Q 日本はハイプレスでボールを奪い、幾度とサークル侵入するもHurleyの堅い守備に阻まれシュートには至らない。Hurleyは日本陣地のエリアから速いリスタートでチャンスの機会を伺うもサークルに侵入することができない。

第2Q 攻守が激しく切り替わるハイペースなゲーム展開になり、お互いターンオーバーから攻撃の機会を得るが、タイトなマーキングによりシュートを打つことができない。

第3Q 35分、HurleyはPCからドラッグフリックシュートをGKとゴールマウザーの間に決め、先制する。40分、日本はPCから谷光がドラッグフリックシュートをゴール左下に決める。42分、日本は相手サークル付近で山田がインターセプトし、サークル侵入からゴール前にパスを狙う。相手DFが弾いたハイボールに福田が素早く反応し、タッチシュートを決める。45分、HurleyはPCからフライングで人数の少なくなった日本DFのスペースを狙い、ダイレクトシュートを決める。

第4Q 日本はサークル内で巧みなリードでボールを受けた田中健が素早くセカンドポストを狙い、決定機を演出するが得点できない。その後も村田、山崎、田中健が決定的なシュートを放つも相手GKに全て防がれ、試合が終了した。

(文責:男子日本代表コーチ 山堀貴彦)

得点

  • 40分 PC – #3 DF 谷光未有 (Selrio 島根)
  • 42分 FG – #17 FW 福田健太郎 (岐阜朝日クラブ) 

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る