男子日本代表 サムライジャパン 「3ヵ国テストマッチ (2018/滋賀県米原市) 」 初戦結果をお知らせします。

男子日本代表 (世界ランク=WR16位) は滋賀県米原市春照・滋賀県立伊吹運動場 にてニュージーランド代表 (WR9位) と対戦し、3-3 で引き分けました。

第2戦は 7月9日 16:00 より滋賀県立伊吹運動場にて ニュージーランド と対戦します。

初戦 7月8日 16:00
日本 vs ニュージーランド
3 - 3

試合結果

滋賀県伊吹ホッケー場で初めて行われる国際マッチ。会場を埋め尽くす観客。席に収まりきらずフェンス越しに観戦する姿も見られる大歓声の中、試合はスタートした。

第1Q、試合開始序盤から日本は豊富な運動量と前線から積極的なプレスを仕掛ける。対するNZLも、巧みなパス回しでこれを打開。試合が動いたのは12分。NZLが右深くからのFHをサークル中央へパス。#28NEWMAN Dominicがリバーシュートを振りぬきゴール右下へ決め先制。

第2Q、16分、日本は、左サイドのFHからパスをつなぎ、サークル内の#9田中健がダイレクトシュートを決め1-1の同点とする。

第3Q、40分、日本はPCを取得。#25山田がフリックも相手にあたりアゲイン。続いて#29膳棚のフリックもゴールマウザーに止められ再度アゲインに。3本目のPCは崩れ、#7村田、#1山崎が立て続けにシュートを放つも、NZLの固い守りを崩すことができない。45分、右の高い位置で#7村田が相手のボールを奪うと絶妙なセンターリングを#9田中健が決め、逆転に成功。

第4Q、46分、チャンスを作ったのはまたしても日本。右深くに通ったパスから中央へ折り返し、混戦状態になるも#7村田がこぼれ球を落ち着いてシュートし3-1とさらにリードを広げる。このまま試合を終わらせたい日本であったが、52分・60分にPCから#21 RUSSELLがゴール左上段にフリックを突き刺し、3-3の同点で試合が終了した。

(文責:男子日本代表コーチ 穴井善博)

得点

  • 16分 FG - #9 FW 田中健太 (箕島クラブ)
  • 45分 FG - #9 FW 田中健太 (箕島クラブ)
  • 46分 FG - #7 FW 村田和麻 (小矢部 RED OX)

関連情報

関連記事

サイト更新情報

ホッケー関連団体

U18 女子日韓交流事業

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ページ上部へ戻る