男子日本代表 サムライジャパン 「3ヵ国テストマッチ (2018/岐阜県各務原市) 」 第3戦結果をお知らせします。

男子日本代表 (世界ランク=WR16位) は岐阜県各務原市下切町・川崎重工ホッケースタジアム にてニュージーランド代表 (WR9位) と対戦し、2-3 で敗れ、1勝1分1敗となりました。

第4戦は 7月12日 17:00 より 川崎重工ホッケースタジアム にて ドイツ (WR5位) と対戦します。

第3戦 7月11日 19:00
日本 vs ニュージーランド
2 - 3

試合結果

第1Q、ニュージーランドのセンターパスによりゲームが開始。立ち上がりからNZLがやや押し気味にゲームは展開する。NZLは、#4LETTのロングボールからチャンスを伺うも、日本DF陣の好守によりシュートチャンスを得れない。徐々に日本もペースを掴み、その後は一進一退の攻防が続く。両チームともに決定的なチャンスを得れないまま、0-0で終了。

第2Qに入り、立ち上がり、NZL#27JENNESSがシュートを放つも、日本GK#30吉川の好セーブに阻まれる。対する日本も#1山崎がシュートチャンスを得るも、NZLのDF陣に阻まれ、得点には至らない。その後も激しい攻防が続く。試合が動いたのは24分、NZL #14PANCHIAがリバースシュートを決め、待望の先制点を挙げる。立て続けに、#27JENNESSの豪快なプッシュシュートが決まり、NZLがリードを広げる。1点がほしい日本は、26分PCを取得。#25山田のドラッグが決まり、1点を返す。更に終了間際、日本は#29膳棚が中央から打ち込んだボールにゴール前で待つ#7村田があわせ、同点とする。

第3Qに入り、両チームともに追加点を狙いシュートチャンスを得るも、互いに粘り強いDFを見せ、追加点を許さない。両チーム、カードが出る激しい展開となるが、無得点のまま終了。

第4Qに入り、立ち上がり日本は、#7村田がPCを取得。#25山田がドラッグシュートを放つも、GK#8JOYCEが好セーブを見せ、得点することが出来ない。NZLは速攻から#28NEWMANがリバースシュートを放つも、得点には至らない。53分、シュートチャンスを得た日本は、リバウンドを拾うも、決めきることが出来ない。積極的な攻撃を見せるNZLは57分、#27JENNSSが豪快なヒットシュートを決め、日本を突き放す。残り時間1分、追いつきたい日本はパワープレーに出るも、得点することができず、試合はそのまま終了。3-2でニュージーランドが勝利した。

(文責:男子日本代表コーチ 穴井善博)

得点

  • 26分 PC - #25 DF 山田翔太 (岐阜朝日クラブ)
  • 29分 FG - #7 FW 村田和麻 (小矢部 RED OX)

関連情報

関連記事

サイト更新情報

ホッケー関連団体

U18 女子日韓交流事業

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ページ上部へ戻る