男子日本代表 サムライジャパン 「3ヵ国テストマッチ (2018/岐阜県各務原市) 」 第5戦結果をお知らせします。

男子日本代表 (世界ランク=WR16位) は岐阜県各務原市下切町・川崎重工ホッケースタジアム にて ニュージーランド (WR9位) と対戦し、1-0 で勝利し、2勝1分2敗となりました。

7月14日 18:00 より 川崎重工ホッケースタジアム にて ドイツ(WR5位) vs ニュージーランド(WR9位) の試合を行います。

第6戦は 7月18日 17:00 より 川崎重工ホッケースタジアム にて ドイツ(WR5位) と対戦します。

第5戦 7月13日 18:00
日本 vs ニュージーランド
1 - 0

ハイライト映像

試合結果

夕日が差し込み、厳しい暑さの中、日本とニュージーランドの試合が開始された。ここまでの成績は、1勝1負1分であり、どちらも勝ちを意識した戦いとなる。

第1Q、ニュージーランドのセンターパスにより試合が開始された。開始早々日本がPCを取得するもニュージーランドの固い守備により得点することができない。お互いにチャンスが作れない状況が続き、そのまま第1Qが終了。

第2Qに入り、18分日本がPCを取得。#3谷光のフリックはGKのファインセーブにより得点することができない。23分ニュージーランドはPCを取得。ここは#13山下の身体を張った守備で再度PCとなるが、GK吉川のセービングにより得点を許さない。24分日本はカウンターから#11北里が抜け出し、PSを獲得。これを#11北里が左下に決め、日本が先制する。30分ニュージーランドはPCを獲得も、日本の固い守備に阻まれる。そのまま第2Qが終了した。

第3Qに入り、お互いロングボールを中心に攻防が行われるが、なかなかチャンスが作れない。日本は#9田中健を中心に相手陣地に攻め込むが、ニュージーランドの固い守備に阻まれ得点することができない。そのまま第3Qが終了した。

第4Qに入り、得点が欲しいニュージーランドは高い位置から積極的なプレスをかけ、日本陣地に攻め込む。49分#4三谷にグリーンカードが科せられる。さらにニュージーランドは50分GKを下げパワープレーにでる。53分ニュージーランド#17WOODS Nicにグリーンカード、#22TARRANT Blairにイエローカードが科せられ、54分日本#3谷光にグリーンカードが科せられた。両チーム激しい攻防が繰り広げられる中、ニュージーランドは、58分PCを獲得するも、#30吉川がゴールを許さない。59分日本はカウンターから決定機を作り、最後は#9田中健がプッシュシュートを放つも、惜しくもサイドネットとなり、得点できない。ニュージーランドは最後まで攻撃に出るが、集中力の切れない日本DFから得点することができず、1-0で日本が勝利した。

(文責:男子日本代表コーチ 穴井善博)

得点

  • 24分 PS - #11 MF 北里謙治 (ALDER 飯能)

関連情報

関連記事

サイト更新情報

ホッケー関連団体

U18 女子日韓交流事業

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ページ上部へ戻る