男子日本代表 サムライジャパン「オーストラリア4カ国大会 (2018/ダーウィン) 」3位決定戦結果をお知らせします。

男子日本代表 (世界ランク=WR16位) はオーストラリア・ダーウィンにて マレーシア (WR12位・グループ3位) と対戦し、0-4 で敗れ、日本は今大会4位で終えました。

試合№.7 ダーウィン 16:30 開始
日本 vs マレーシア
0 - 4

サムライジャパン、オーストラリア4カ国大会第4戦目、3位決定戦の相手は世界ランク12位のマレーシア。3日前の再戦となる。

第1Q、立ち上がりから日本は攻勢に出る。開始2分でPCを奪うがこれを決められない。その後も敵陣に攻め込む場面が増えるが、得点には至らない。逆に終了間際の15分にカウンターから失点を喫する。

第2Q、第1Qに続いて押し気味に試合をすすめ、シュートチャンスを数々作るもののマレーシアのGKの好守に阻まれる。

第3Q、何とか同点に追いつこうと焦るあまり、ボールを奪ってもドリブルで突っ込んでしまいすぐにボールを取られる場面が増える。パスもレシーブミスが相次ぎ、流れがマレーシアに傾く。37分、PCを取られフリックはポストが止めるが、リバウンドを押し込まれ0-2となる。勢いに乗るマレーシアはその直後左サイドからサークルに侵入。中に折り返されたところを押し込まれ3失点目を喫する。何とか前にボールを運ぼうとする日本だが、ドリブル中心の単調な攻撃が続き攻め切れない。逆にマレーシアはしっかりボールを繋ぎ44分にPCを奪う。これをフリックでしっかりと決められ、0-4となる。

第4Q、ようやくパスが繋がりはじめPCを奪うが決められない。焦りからイエローカードを出され数的不利となり、苦しい時間帯が続く。そのまま無得点で試合終了となる。今大会は4位という成績となった。

(文責:男子日本代表コーチ 穴井善博)

最終結果

  チーム 世界ランク
優勝 アルゼンチン共和国 2位
準優勝 オーストラリア連邦 (ホスト国) 1位
3位 マレーシア 12位
4位 日本 16位

FIH 世界ランキング 9月22日現在

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
ページ上部へ戻る