本日、駒沢オリンピック公園総合運動場で開催しました「ホッケーチャレンジマッチ 2019」エキシビションマッチにて、サムライジャパンが 代表入りを狙う U21 男子ジュニアに 2-0 で勝利しました。

今後もサムライジャパンと U21 男子ジュニアに、ご声援をよろしくお願いします。

試合№.2 13:30 開始
サムライジャパン vs U21 男子ジュニア
2 1Q 0-0
2Q 0-0
3Q 0-0
4Q 2-0
0
U 21

試合記録・戦評 [2019.3.17 更新]

大勢の観客でスタンドが埋まった駒沢第一球技場、U21のセンターパスで試合開始。

第1Qからお互いに激しい攻防が続く。サムライジャパンは正確なパスでサークルインを目指す。U21もカウンターから#17川原が左サイドよりドリブルで切り込むもDFに止められる。8分#25山田がリスタートで5m離れておらずグリーンカードを受け2分間退場。サムライジャパン#18加藤が右サイドからドリブルで切り込みクロスを入れるもシュートを合わせきれない。14分サムライジャパン#21和久利がリバースで本日のファーストシュートを打ち込むがデンジャラスプレーの判定。拮抗した展開のまま第1Q終了。

第2Q 開始直後、サムライジャパンが前線から激しいプレスをかける。21分サムライジャパン#21和久利がシュート、惜しくもGKに止められる。サムライジャパンが敵陣23mでボールを持つ時間が増える。23分サムライジャパン#7村田がPCを獲得、村田がシュートを打つも阻まれる。0-0のまま第2Q終了。

第3Q 開始早々U21がカウンターで攻め込むもラストパスの精度を欠く。サムライジャパン#31渡辺がスピードのあるドリブルで魅せるもサークルインまで持ち込めない。38分サムライジャパン#21和久利のシュートはU21GK北河の好守に阻まれる。41分U21#15松本が左サイドより切り込み、リバースシュートを放つもGK正面で跳ね返される。44分サムライジャパン#20大橋の打ち込みから#1山崎のシュートは入らない。第3Qも0-0のまま最終第4Qへ。

第4Q アジアチャンピオンの意地を見せたいサムライジャパンは、49分#31渡辺のドリブルからPCを獲得。#7村田の球出しから#25山田のフリックシュートがゴールに突き刺さり、ついに待望の先制点を挙げる。52分カウンターからU21松本に敵陣23m付近でボールが渡るが、シュートは入らず。54分サムライジャパン#15永吉の左サイドからのクロスをゴール前で#1山崎が巧みなタッチで合わせ2-0とする。U21も善戦するもこのまま試合終了。

得点

サムライジャパン

  • 49分 PC – #25 DF 山田翔太 (岐阜朝日クラブ)
  • 54分 FG – #1 FW 山﨑晃嗣 (滋賀クラブ)

試合映像

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
ページ上部へ戻る