U16 男子日本代表 Hockey WA F-H-E カップ (2017/パース)
試合結果のお知らせ

U16 男子日本代表は、オーストラリア・パースで開幕中の Hockey WA F-H-E カップ 決勝戦 (現地時間 11月26日 14:20~) で SSWA (オーストラリア) に 1-1 (2 so 3) で敗れ、今大会準優勝となりました。

試合戦評

決勝戦の相手は前日予選リーグで対戦し0-3で敗れているSSWA。試合は序盤から相手チームの大きな体格、パワー、スピードをフルに生かした素早いパスワークやオールコートを使ってのポジションチェンジを仕掛けてくる。日本も厳しいマークとインターセプト、ボールへの素早い反応、全員が全力で走るホッケーで対抗する。9分、相手チームは左からのクロスをゴール前で合わせられ0-1と先制される。20分、日本はPCを獲得する。#3古川のシュートはGKにセーブされ得点できず。22分、日本のプレスからボールを奪い#16高木がサークル中央からヒットシュートを放つがゴールをとらえることができない。日本は相手に攻め込まれるものの、徹底したマークからのディフェンスによって相手にチャンスを作らせない。このまま前半戦が終了する。

後半開始5分、日本はカウンターから#7今松にボールが渡り、ゴール前の#17五勝出へパスを送る。相手ディフェンダーのファールによって日本にPSが与えられる。このチャンスに#2石川が決め1-1の同点とする。試合時間残り20分。相手はさらにギアを上げ攻撃を仕掛けてくる。6分、8分、9分と立て続けにシュートを打たれるが、#12坂本がすべてのシュートを止めピンチをしのぐ。1-1のまま後半戦終了。両チーム同点のためSO戦に突入する。互いに2-2のままサドンデスへ。相手チームの力が上回り2-3で敗れた。

文責:男子U16コーチ  大嶋 寿美

試合記録・戦評

得点

  • 31分 PS – #2 DF 石川創 (富山県・石動中学校)

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
ページ上部へ戻る