U16 男子日本代表は、オーストラリア・パースで行っている「F-H-E カップ (2018/パース)」の初戦で、MATADOR (マレーシア) に 2-1 で勝利し、1勝 (勝ち点3) となりました。

第2戦は11月22日 13:30 (日本時間) より WA GREY (オーストラリア) と対戦します。

試合№.1  10:30 (日本時間) 開始
日本 vs MATADOR
2 前半 1-0
後半 1-1
1

 JPNのセンターパスにより試合が開始された。立ち上がりJPNは、MAS陣内に攻め込むもシュートまで持ち込むことができない。対するMASはカウンターからの攻撃を仕掛ける。先制点がほしいJPNは11分に、右サイドから#11松崎のセンタリングに#16加藤がタッチシュートでゴール左下に決め先制する。勢いに乗ったJPNは#7福永、#10渡部を中心にサイド攻撃を仕掛け、シュートまで持ち込むが得点できない。その後、MASがJPN陣内で攻め続け、19分にPCを獲得。しかし、ゴールから外れ得点することができないまま1-0で前半戦を折り返す。
 後半開始早々、MASはスピードに乗ったドリブルなどでJPN陣内で試合を進めるも、#2中嶋の粘り強いDFにサールクルに入ることができない。追加点がほしいJPNは37分にPCを獲得。#11松崎がフリックシュートでゴール右下に決め、2-0と突き放す。その後MASは、中盤からの速い攻撃で攻め続け、42分に#24が右サイドからドリブルでサークルに持ち込み、リバースヒットでゴール右下に決め、2-1とする。勢いに乗ったMASは試合終了間際ににPCを獲得。#9のフリックシュートを#12土生川の好セーブにより得点を許さず、JPNが2-1でFHEカップ初戦を勝利で飾った。

(文責:男子U16日本代表コーチ 大嶋寿美)

得点

  • 11分 FG – #16 加藤颯大 (八頭町立八頭中学校)
  • 37分 PC – #11 松崎唯斗 (奥出雲町立横田中学校)

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る