U16 男子日本代表は、オーストラリア・パースで行っている「F-H-E カップ (2018/パース)」の第4戦で、WA REGIONAL (オーストラリア) に 3-0 で勝利し、3勝1敗 (勝ち点9) となりました。

第5戦は11月24日 11:30 (日本時間) より SSWA BOYS (オーストラリア) と対戦します。

試合№.4  16:30 (日本時間) 開始
日本 vs WA REGIONAL
3 - 前半 1-0
後半 2-0
0

日本のセンターパスにより試合が開始された。立ち上がりは一進一退の攻防の攻防が続き、両者決定的なシーンをつくることができない。前半15分、左サイドから持ち込んだボールを#10渡部が押し込み1-0とする。追加点を狙うJPNは18分、#11松崎が左サイドから右へスピードとスキルを駆使してシュートを放つが枠を捉えることができない。このまま1-0で前半が終了した。
後半もJPNはハイプレスをかけ、23分にPCを取得する。#2田中のドラッグジュートは相手GKにセーブされる。26分、左サイドから#11松崎がセンタリングをあげるが#17荒木がうまく合わせることができない。32分、33分と立て続けにPCを取得するが得点には至らない。37分、左サイドでパスを受けた#15丸山がシュートを放ち、そのリバウンドを#9川原がダイレクトリバースでゴールを決め、2-0となる。40分、PCを取得し、#11松崎のドラッグシュートがゴール左下に決まり、3-0となる。その後もJPNのハイプレスで相手の追撃を許さずに3-0のまま勝利した。これにより通算成績3勝1敗で予選プールを2位通過し、明日のセミファイナルリーグへ進出した。

(文責:男子U16日本代表コーチ 大嶋寿美)

得点

  • 15分 FG - #10 渡部純 (奥出雲町立仁多中学校)
  • 37分 FG - #9 川原大和 (綾川町立綾南中学校)
  • 40分 PC - #11 松崎唯斗 (奥出雲町立横田中学校)

関連情報

関連記事

サイト更新情報

ホッケー関連団体

U18 女子日韓交流事業

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ページ上部へ戻る