U16 男子日本代表は、オーストラリア・パースで行っている「F-H-E カップ (2018/パース)」の決勝予備リーグ 第1戦で、SSWA (オーストラリア) に 0-2 で敗れました。

決勝予備リーグ第2戦は11月24日 11:30 (日本時間) より MAJULAH (シンガポール) と対戦します。

試合№.5  11:30 (日本時間) 開始
日本 vs SSWA
0 - 前半 0-1
後半 0-1
2

 JPNのセンターパスにより試合が開始された。立ち上がりは一進一退の攻防が続き両者チャンスをつくることができない。10分、右サイドより#14野村がドリブルで突破しPCを取得するも、#2田中のシュートは相手DFに阻止されゴールを奪うことが出来ない。直後の12分、#11松崎からのセンタリングを#9川原が合わせるが枠を捉えることができない。14分相手にPCを与えてしまい、ドラッグシュートをゴール左上に決められ、0-1となる。18分には立て続けにPCを奪われるがGKとDFの守備で得点を与えない。

 後半は立ち上がりからハイプレスをかける。24分、26分とターンオーバーからPCを取得し、シュートを放つも得点にはつながらない。30分、#11松崎から#18島田へパスが繋がりシュートを放つが枠を捉えることができない。41分、相手FWのドリブル突破からプッシュシュートを流し込まれ、0-2となる。その後もチャンスをつくることができないまま0-2で試合が終了した。

(文責:男子U16日本代表コーチ 大嶋寿美)

関連情報

関連記事

サイト更新情報

ホッケー関連団体

U18 女子日韓交流事業

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ページ上部へ戻る