U16 男子日本代表は、オーストラリア・パースで行っている「F-H-E カップ (2018/パース)」の決勝予備リーグ 第2戦で、MAJULAH (シンガポール) に 5-0 で勝利しました。

日本は決勝戦に進み、決勝戦は11月25日 15:15 (日本時間) より SSWA (オーストラリア) と対戦します。

試合№.6  13:30 (日本時間) 開始
日本 vs MAJULAH
5 - 前半 3-0
後半 2-0
0

 MAJYULHAのセンターパスにより試合が開始された。JPNはファイナルに進出するために2点差以上での勝利が絶対条件となる。4分、PCを取得し#11松崎がゴール左中段に突き刺し1-0とする。その後も#14野村、#17荒木を中心としたハイプレスをかけ、果敢に相手ゴールに迫る。12分、#9川原からのパスを#7福永が受け、右サイドに流れながらランニングシュートをゴール左下に豪快に決め、2-0となる。その後、相手から攻撃を受けるシーンもあるが、#12土生川の的確なコーチングでピンチを切り抜ける。19分、#2田中が右サイドから持ち込み、折り返しのパスを#15丸山が合わせ3-0となる。

 後半も#4福田からの縦パスを有効に使いながら積極的にサークルエントリーを狙う。得点につながらず、カウンター攻撃を受けるシーンもあったが、#8小林を中心に危なげなくゲームコントロールをしていく。36分、PCを取得し、#11松崎のフリックシュートが放ち、相手GKにセービングされるものの、リバウンドにつめていた#13小林が押し込み4-0とする。39分、PC崩れから#2田中がリバースシュートを放ち、リバウンドを#10渡部が押し込み5-0で試合が終了した。この結果により、決勝リーグを2位で通過し、明日のファイナルへと進出した。

(文責:男子U16日本代表コーチ 大嶋寿美)

得点

  • 4分 PC - #11 松崎唯斗 (奥出雲町立横田中学校)
  • 12分 FG - #7 福永凜音 (米原市立伊吹山中学校)
  • 19分 FG - #15 丸山奏 (篠山市立丹南中学校)
  • 36分 PC - #13 小林一成 (川西市立川西中学校)
  • 39分 PC - #10 渡部純 (奥出雲町立仁多中学校)

関連情報

関連記事

サイト更新情報

ホッケー関連団体

U18 女子日韓交流事業

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ページ上部へ戻る