男子 U18 代表 2013 日韓交流戦
試合結果のお知らせ

U18 男子日本代表 (ユース) は、2013 日韓交流戦 (韓国・大韓民国光州広域市朝鮮大学ホッケーグランド) の第3戦で 3-0 で勝利し、1勝1敗1引分けとなりました。

試合結果

試合№.3  10:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
日本
vs
韓国
3 1 前半 0
2 後半 0
0

(前半) 最終戦を勝ち通算戦績をタイにしたい日本は総合力では韓国よりも上と分析し、前半から積極的に攻撃を仕掛けた。7分日本、福田(横田)のリバースシュートは惜しくもGKに弾かれる。11分、16分と韓国は日本のDFのミスを突き得点の場面をつくるが決められず。19分日本、センター付近でボールキープした内田(横田)が相手の意表をつく好ドリブルから敵を4人かわし、最後はセカンドゴールにフリーでいた渡辺(丹生)に絶妙なパスを送り難なく先制する。この後は互いに中盤でのせめぎ合いが展開され前半が終了する。

(後半) 後半、追いつきたい韓国は怒濤の反撃開始。47分韓国のシュートをGK島崎(各務野)が好セーブ。48分、53分、61分と韓国はPCを得るがこれを1番騎の谷光(天理)が出足の鋭いスタートからスティックで防ぐ。63分日本、レフトサイドで上手く繋ぎ、小沢(沼宮内)がバックライン沿いで2人かわし、最後はパスを受けた田中(天理)が落ち着いて決め、2-0と韓国を突き放す。この後は韓国の猛攻が続くが日本守備陣は落ち着いて対応しチャンスをつくらせない。そして69分、田中、福田と絶妙なパスワークから最後は川村(今市)が3点目を決め、勝負を決定づけた。

※シュート数:日本-6本、韓国-6本

※P C 数:日本-0本、韓国-3本

※通算戦績:3戦中(1勝1分1敗)

公式試合記録

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る