U18 男子日本代表 (ユース) ニュージーランド遠征 初戦結果のお知らせします。

U18 男子日本代表は、2017 ニュージーランド遠征 (オークランドチャレンジ) で、 U-18NZ と対戦し 3-0 で勝利しました。

第2戦は、1月31日 (火) 12:30 (日本時間) より、Takapunaと対戦します。

試合結果

場所 オークランド (ニュージーランド)

初戦 1月30日 (月) 15:00~ (日本時間)
公式試合記録・戦評 [2017.2.3 更新]

試合戦評

U-18日本代表ニュージーランド遠征・オークランドチャレンジ、初戦の相手はU-18NZ。

第1Q、日本のセンターパスにより試合が開始された。日本は試合開始1分、作戦通り相手DFに素早いプレッシャーをかけてボールを奪い、レフトサイドからサークルに攻め込む。そのチャンスを♯16児玉が落ち着いて決め先制点を挙げる。勢いに乗る日本は4分、サークル内の混戦から個人技で抜け出した藤島が追加点を奪い、第1Qを2点リードして終える。

第2Q、ニュージーランドも少しずつ日本に慣れ、反撃の糸口を探し始める。スクープやDFラインからのオーバーラップから日本のDFラインの裏側のスペースを狙い、日本陣地に攻め込んでくるが、日本は堅い守備でゴールを許さない。

第3Q、さらにニュージーランドの攻勢が続き、日本は上手くゲームを作れない。しかし、第3Q終了間際に日本はPCを獲得。ラストワンプレーを青山がヒットシュートを決め3-0にする。

第4Q、第3Qの追加点で流れを取り戻した日本は、少しずつ攻撃のリズムをつかみ、ゲームを優勢に進めるなかで初戦を勝利でしめた。
次戦は、1月31日 現地時間16:30から地元の強豪クラブチームTakapunaと対戦する。

(文責:U18 男子日本代表コーチ 松尾佳彦)

得点

  • 1分 FG – #16 FW 児玉優河 (滋賀県立伊吹高等学校)
  • 4分 FG – #11 MF 藤島来葵 (埼玉県立飯能南高等学校)
  • 45分 PC – #8 MF 青山将也 (福井県立丹生高等学校)

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
ページ上部へ戻る