U18 男子日本代表 (ユース) ニュージーランド遠征 最終戦結果のお知らせします。

U18 男子日本代表は、2017 ニュージーランド遠征 (オークランドチャレンジ) で、U-21 North Harbour と対戦し 4-1 で勝利し、3勝2敗で終えました。

試合結果

場所 オークランド(ニュージーランド)

最終戦 2月3日(金) 12:45~(日本時間)
公式試合記録・戦評 [2017.2.3 更新]

試合戦評

U-18日本代表ニュージーランド遠征・オークランドチャレンジ、第5戦の相手はU-21North Harbour

第1Q、日本のセンターパスにより試合が開始された。立ち上がり日本は5分、6分と連続してPCを取得するが得点することができない。やや日本が優勢に試合を展開するが無得点のまま第1Qを0−0で終える。

第2Q、日本は16分左サイドからのセンターリングを#17竹林がうまく合わせ日本が先制点を挙げる。NZもターンオーバーからカウンター攻撃を仕掛けるがにほんのDF陣が決定的な場面を作らせない。1−0で前半を終える。

第3Q、35分日本は#18為国がセンターライン付近からロングパスを前線の#17竹林に通す、これをゴール右隅に決め追加点を挙げる。追いつきたいNZは39分、#15の23M中央からの打ち込みを#8がうまく合わせ1点差とする。勢いに乗るNZは43分、PCを取得するが得点することができない。逆に日本は44分カウンターから#17竹林がこの日3点目となるゴールを決めNZを突き放す。3−1で第3Q終了。

第4Q、追いつきたいNZは55分からGKを下げパワープレイに出るが逆に日本は58分前線に残った#竹林のパスを通し4点目を挙げる。
通算成績を3勝2敗とする。

(文責:U18 男子日本代表コーチ 松尾佳彦)

得点

  • 16分 FG – #17 FW 竹林浩斗 (天理高等学校)
  • 35分 FG – #17 FW 竹林浩斗 (天理高等学校)
  • 44分 FG – #17 FW 竹林浩斗 (天理高等学校)
  • 58分 FG – #17 FW 竹林浩斗 (天理高等学校)

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る