U18 男子ユース日本代表は、2017 日韓交流戦 (韓国・安心体育公園 大邱ホッケー場) の初戦で韓国代表に 2-5 で敗れました。

試合№.1 安心体育公園 大邱ホッケー場 14:30 開始
日本 vs 韓国
2 - 5

試合記録・戦評

第1Q、日本のセンターパスにより第1Qが開始される。日本は、試合の立ち上がりから韓国の早いプレッシャーに押される場面もあったが、確実な守備から攻撃を仕掛けた。13分#17北村がPCを獲得し、#11田村がフリックシュートを放つがGKにセーブされる。日本は何度かチャンスはあったものの得点を奪えずQ1が終了する。
第2Q、20分に韓国はレフトからのセンターリングをフリーでタッチシュートするがGK北河の好セーブでしのぐ。日本は時間の経過とともにDFのマークがあまくなり、攻め込まれる場面が増える。韓国は、23分タッチシュート、24分PCフリックシュートと立て続けにシュートチャンスを作るが決めきれない。猛攻を仕掛ける韓国は、25分、PCから#32LEE HYE SEUNGがフリックシュートを右下に決め先制する。終了間際の29分、日本は自陣でボールを奪われると韓国#3PARK YO SEPにプッシュシュートを打たれ追加点を奪われる。サークル外からのシュートと思っていた日本はチャレンジするも認められず、0-2でQ2を終了する。
第3Q、日本は速いパスワークからチャンスを作る。32分#17北村のドリブルからPCを獲得。#22河邉がフリックシュートを打つもGKにセーブされる。さらに、36分にもPCから#22河邉がもう一度フリックシュートを打つがまたしてもGKの好セーブに阻まれる。すると、徐々に日本の中盤での連携ミスが目立つようになってくる。すると40分韓国#9SON DA INのリバースシュートのリバウンドを#32LEE HYE SEUNGに押し込まれ追加点を奪われる。さらに42分#17KIM HYUN WOOにレフトサイドから中央にドリブルできれこまれるとフリーでヒットシュートを決められる。日本は悪い流れを変えられないままQ3を終了する。
第4Q、立ち上がりの45分にも韓国#17KIM HYUN WOOにタッチシュートを決められ、0-5と突き放される。しかし、ここから日本が猛攻を仕掛け意地を見せる。48分、52分とライトサイドから#24川原のドリブル突破でPCを獲得するが、GKの好セーブによりなかなか得点を奪えない。52分日本はようやくPCのリバウンドを#17北村が決め得点を奪う。その後も日本は攻め続けるも追加点をなかなか奪うことができず試合終了かと思われた59分に#25古川がリバースシュートを豪快に決め2-5で試合が終了した。
初戦ということもあり、動きの硬さも見られたが、やはりミスが多く失点につながった。自陣でのミスを減らすことを課題とし、次の第2戦目での奮起に期待したい。

(文責:U18 男子ユース日本代表コーチ 酒井健之)

得点

  • 52分 PC – #17 MF 北村柊希 (伊吹高等学校)
  • 59分 FG – #25 FW 古川裕大 (伊万里商業高等学校)

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
ページ上部へ戻る