U18 男子ユース日本代表 は、ユースオリンピック競技大会 アジア予選 (2018/バンコク) 初戦で、中国香港 に 9-0 で勝利し、勝ち点3を獲得しました。

第2戦は4月26日 16:00 (日本時間) より インド と対戦します。

試合№.1  13:00 開始
日本 vs 中国香港
9 - 0

試合結果

ユースオリンピックアジア予選の初戦は、香港との対戦である。

第1Q、立ち上がりは、ボールをしっかりまわし日本ペースで試合が進む。5分、#25川原がキーパーが弾いたボールをダイレクトでリバースシュートを決め先制点を奪う。その後一進一退の攻防が続き、終了間際10分にはコーナーより#13松本が自ら動きリバースシュートを決め1Qが終了。

第2Q、12分#10中花が右サイドでボールを奪いそのままリバースシュートを決める。その後、小さなミスにより自陣での攻防が続き苦しい場面が多くなったが、17分には#13松本が中盤でボールを奪うと2対1の形になり最後は#11田村が落ち着て決める。

第3Q、相手の疲れが見え始めると、21分にはゴール前のディフンダーのボールを#23丹羽が奪いリバースシュートを決めた。25分#25川原・27分#23丹羽・29分#5小林・30分#10中花と立て続けにシュートを決め9-0で試合終了となり、初戦を勝利で納めた。
戦術の理解ができない場面があったが、細かい修正を行い第2戦インド戦に準備をしたい。

(文責:U18 男子ユース日本代表アシスタントコーチ 仙名洋一)

得点

  • 5分 FG – #24 FW 川原大和 (立命館大学)
  • 10分 FG – #13 MF 松本和将 (栃木県立今市高等学校)
  • 13分 FG – #10 MF 中花淳 (福井工業大学)
  • 18分 FG – #11 MF 田村圭梧 (岩手県立沼宮内高等学校)
  • 21分 FG – #23 FW 丹羽巧磨 (岐阜県立岐阜総合学園高等学校)
  • 25分 FG – #24 FW 川原大和 (立命館大学)
  • 27分 FG – #23 FW 丹羽巧磨 (岐阜県立岐阜総合学園高等学校)
  • 29分 FG – #5 DF 小林弘人 (栃木県立今市高等学校)
  • 30分 FG – #10 MF 中花淳 (福井工業大学)

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 SOMPOアセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る