U18 男子ユース日本代表 は、韓国・済州島で行っている「日韓交流事業」の初戦で、韓国 に 2-2 で引き分けました。

第2戦は10月13日 10:00 より行います。

試合№.1  14:30 開始
日本 vs 韓国
2 1Q 1-0
2Q 0-1
3Q 1-0
4Q 0-1
2

初戦 試合記録・戦評 [2019.10.12 更新]

第1Q 韓国ボールでゲームが開始される。開始早々、日本はサークル内に侵入しチャンスを作るがシュートまで至らない。4分、6分と韓国はPCを獲得し右からの変則なバリエーションを使うが得点できない。8分、日本は左サイドを突破しサークル中央に待つ#22大岡が豪快にリバースシュートを決め1-0と先制する。

第2Q 17分、日本は立て続けに3本のPCを取得するがチャンスをいかせない。18分、韓国はPCを取得し、これを#9Oh Han solが豪快に右中段に決め1-1の同点とされる。その後は両者お互いに決定機を作り出せない。

第3Q 日本ボールでゲームが開始される。両者、中盤で激しくボールを奪い合う中、43分日本はターンオーバーからカウンターを仕掛け数的優位な中から#14丸山、#25千葉とボールをつなぎシュートを決め2-1とする。45分、韓国はPCを取得するがストップミスでチャンスをつぶす。

第4Q 51分、53分、55分と日本はPCを取得するがいずれもチャンスをいかせない。57分、韓国は再度PCを取得するがチャンスをいかせない。直後、日本はカウンターを仕掛け決定的な場面を作り出すが得点には至らない。終盤、同点に追いつきたい韓国は猛攻を仕掛け混戦の中から最後は#9Oh Han solがリバースシュートを決め2-2の同点とされる。直後にタイムアップとなり、第1戦は引き分けとなる。

(文責:北川 幸生 校閲:八張 慎)

得点

  • 7分 FG – #22 FW 大岡凌磨 (今市高等学校)
  • 43分 FG – #25 FW 千葉友貴 (天理高等学校)

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る