U18 男子ユース日本代表 は、ニュージーランド・オークランド (会場:NEW North Harbour Hockey Facility) で行っている「ニュージーランド遠征」の最終戦で、ニュージーランド (New Zealand U18) に 8-1 で勝利し、4勝で終えました。

試合№.4  14:30 開始 (日本時間)
日本 vs ニュージーランド (New Zealand)
8 1Q 3-0
2Q 3-0
3Q 0-1
4Q 2-0
1

試合記録 [2020.2.15 更新]

ニュジーランド・フレンドリーマッチ第4戦
第1Q 日本ボールでゲームが開始される。1分、NZにPCを取られるがGK#1大場陽成がセーブし得点を許さない。2分、日本はセットプレーから中央で#18佐伯郁海がボールを受け強烈なヒットシュートを決め1-0と先制に成功する。4分、日本は右サイドを#22大岡凌磨がドリブルで突破し中央の#25千葉友貴に合わせて2-0とリードする。12分、日本は#22大岡凌磨が高い位置でボールを奪いサークル内で待つ#25千葉友貴に合わせて3-0。第1Q終了。
第2Q 23分、NZ#10Conner Greentreeにグリーンカードが宣告される。直後、日本は左サイドを#22大岡凌磨がドリブルで突破し中央の#14丸山 彦樹に合わせて4-0とリードする。25分、#24松島貴也が左サイドからセンターリングを#18佐伯郁海がタッチシュートを放つ、シュートは惜しくもGKに弾かれるが、こぼれ球を#15吉田敬以がヒットシュートで決め5-0となる。28分、日本はPCを取得し#24松島貴也がドラッグフリックを決め6-0とリードを広げ第2Q終了。
第3Q NZボールでゲームが開始される。33分、日本の#15吉田敬以にグリーンカードが宣告される。この時間帯一人少ない日本はリスクを回避し確実にボールポゼッションし失点しない。しかし41分、NZにPCを取られ、#10にドラッグフリックシュートを左上段に決められ、6-1となる。第3Q終了。
第4Q 52分、日本はPCを取得、バリエーションを失敗する。53分、日本は再びPCを取得、バリエーションから#24松島貴也が決め7-1となる。57分、日本はPCを取得し、#25千葉友貴のパスを#20和田公志がきれいに合わせ8-1となり試合終了。
この遠征では4戦4勝と近年にない成績に終わった。しかし課題も多く、2024、2028オリンピック世代の選手には良い経験となった。

(文責:北川 幸生 校閲:渡邉 健一)

得点

  • 2分 FG – #18 MF 佐伯郁海 (島根県立横田高等学校)
  • 4分 FG – #25 FW 千葉友貴 (天理高等学校・奈良県)
  • 12分 FG – #25 FW 千葉友貴 (天理高等学校・奈良県)
  • 23分 FG – #14 MF 丸山彦樹 (富山県立石動高等学校)
  • 25分 FG – #15 MF 吉田敬以 (福井県立丹生高等学校)
  • 28分 PC – #24 FW 松島貴也 (島根県立横田高等学校)
  • 53分 PC – #24 FW 松島貴也 (島根県立横田高等学校)
  • 57分 PC – #20 FW 和田公志 (栃木県立今市高等学校)

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 SOMPOアセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る