U21 男子日本代表は、FIH ジュニアワールドカップのグループリーグ第2戦 (グループC) でスペインと対戦し 1-4 で敗れ、2敗となりました。

第3戦は、12月11日 15:30 (日本時間) よりドイツと対戦します。

試合№.8 ラクナウ 17:30 開始
日本 vs スペイン
1 - 4

試合記録・戦評

Uttar Pradesh Hockey Junior World Cup Men Lucknow 2016 予選リーグ2戦の相手は、スペインである。

スペインのセンターパスにより試合が開始される。開始早々から、スペインの激しいプレッシャーに対応できず、日本は前線までボールを運ぶことができない。8分、PCを獲得したスペインは#5SERRAHIMA Marcがフリックシュートを決め先制する。その後も、スペインペースで試合は進む。10分、日本はカウンターから#22福田が右サイドを突破しヒットシュートするも枠を外れる。日本は、18分ターンオーバーから相手GK前にセンタ-リングするもトラップミスしチャンスをものにすることができない。24分敵陣でボールを奪われるとスペインのカウンターアタックで追加点を許す。25分、スペインは右サイドからのドリブル突破からPCを獲得すると#3TORRAS IgnasiのスイープヒットシュートをGKが止めるがリバウンドを決め3-0とリードを広げる。日本はその後も流れを掴めず、0-3で前半を折り返す。

後半開始、早々37分スペインに右から回り込まれ、GKがスライディングするもループパスで交わされ追加点を許す。続く38分DFのミスからPCを奪われ、このPCは、枠を外れる。何とか反撃のしたい日本は、48分カウンターから#23渡辺が右サイドから回り込みセンターリングしこれを#18杉山が押し込み、今大会の初ゴールを奪う。その後はスペインがボールを支配するも、日本は少ないチャンスから得点を狙うが得点を挙げることができず1-4で試合が終了した。
日本ペースで試合が進む時間帯もあったが、スペインのパワー、スピードに圧倒された結果となった。
次は予選リーグ最終戦、強豪ドイツとの対戦、さらに苦戦が予想されるが、チーム一丸となって最後まで戦い抜きたい。

(文責:U21 男子日本代表チームリーダー 穴田 直樹)

得点

  • 48分 FG – #18 MF 杉山惇士 (立命館大学)

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る