男子 U21 ジュニア日本代表は、日露親善試合 初戦で、ロシア (ディナモ) に 1-3 で敗れました。

第2戦は7月8日 19:30 (日本時間) よりロシア (ディナモ) と対戦します。

試合№.1 エカテリンブルク 22:45 開始
日本 vs ロシア連邦 (ディナモ)
1 - 3

試合記録・戦評

第1Q、日露親善試合第1戦は強い雨が降り、気温が10°という厳しいコンティションの中、試合が開始される。開始2分、日本のDFのレシーブミスからGKと1対1の場面を作られ、開始早々に先制点を許す。その後、日本は流れを作ることができないまま1Q終了となる。
第2Q、反撃したい日本だが、簡単にシュートまでは許してくれない展開が続く。25分にはサークル進入し、PCを獲得するも得点することができない。28分、相手にサークル進入を許し、PCを与えるが、ここはGK野井(NO、1)のファインセーブにより追加点を許さない。そのまま2Q終了となる。
第3Q、同点ゴールを奪いたい日本は38分PCを獲得する。このPCを稲山(NO,3)が強烈なフリックシュートを打つも相手GKのファインセーブにより得点することができない。このまま攻め続けたい日本だが、40分右サイドからのサークル進入を許し、折り返しボールに反応した相手のシュートを止めることができず、追加点を与えてしまい、0対2のまま3Qが終了となる。
第4Q、運動量が落ちてきた相手に対し、前線から早いプレスを仕掛ける展開に持ち込んだ日本は53分、為国(NO、18)のリバースシュートがゴールとなり、点差を1点差とする。その後、何度も決定的なチャンスを作るも堅い相手DF陣を崩しきれないまま、時間が経過する。何とか同点に追いつきたい日本だが60分、相手にカウンターを許し、失点され、1対3のスコアで試合が終了した。
最終的に敗戦となったが、チームのパフォーマンスは時間の経過と同時に向上しており、次戦の結果が期待できる試合となった。

(文責:U21 男子日本代表アシスタントコーチ 朱 光珍)

得点

  • 53分 FG – #18 FW 為國龍次 (福井県立丹生高等学校)

試合映像

第2戦、第3戦につきましては、下記よりライブ配信される予定です。

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る